学資保険の比較方法

学資保険とは

  • 学資保険とは
  • 学資保険をおすすめしたい方
  • 学資保険の商品の傾向
  • 学資保険とは、終身保険、定期保険、養老保険などの死亡保険などと同じく生命保険に分類される保険で、子どもの将来の教育資金のために、決められた保険料を支払っていくと小学校、中学校、高校の入学時にお祝い金を、満期時(15歳満期、18歳満期など)に満期保険金を受け取ることができます。仮に契約期間中に親(契約者)に万が一のことがあった場合は、それ以降の保険料の支払いが免除される上に、満期保険金は全額、さらに育英年金(養育年金)を受け取ることができたり、子どもに万が一のことがあった場合に医療費、死亡保険金が出る学資保険もあります。子どもの医療保険が一緒になったプランもあり、貯蓄性の高い生命保険といえます。育英年金、子どもの医療費、死亡給付金などが出るタイプの学資保険は返戻率が100%を下回るため、子どもの教育資金を積み立てるために加入したにもかかわらず、満期時に受け取った満期保険金が元本割れすることも十分考えられますので注意が必要です。

  • 学資保険は、子どもの教育資金を計画的に積み立てて準備することを目的とした保険です。子どもが成人するまでの学費は、大きな金額になります。私立に進学させるとなると、さらにお金がかかります。子どもが生まれたら、毎月貯金をしている人は多くいますが、なかなか貯まらないのが現実です。学資保険は、進学時などの子どもの成長に合わせ、お祝い金や満期保険金を受け取ることができますので、自分では貯金が難しい人にはおすすめの保険です。また、万が一保険料を負担している契約者(子どもの両親が多い)が死亡してしまったり、高度障害状態になった場合には以後の保険料の払い込みは免除され、お祝い金や満期保険金はそのまま決められた時期に受け取ることができます。また、被保険者である子どもが死亡した場合には、それまでに払い込んだ保険料相当額が戻ってきます。学資保険はさまざまな保険会社が商品を販売していますので、加入を検討する際にはその保障内容、特徴、返戻率をきちんと確認しましょう。

  • 学資保険は、もともと郵便局が最初に売り出した商品です。現在では、多くの保険会社が高校入学の際に「学資一時金」、大学入学時から4年間「学資年金」を受け取れるタイプなどさまざまな種類の商品を販売しており、保険会社によって学資保険、こども保険、教育保険、赤ちゃん保険など名称が異なります。学資年金の支払開始年齢も各社により違いがあり、子どもの大学入学前に受け取れるよう17歳、18歳など、受け取り時期を契約時に選択することも可能です。また、特則を付加すると、契約者が万が一の場合(死亡・高度障害状態など)に保険料の払い込みが免除になるタイプや、被保険者である子どもの出産予定日前から契約できるタイプなどもあります。
    学資保険のメリットは、子どもの教育資金を確実に準備する事ができること、契約者の死亡時には以降の保険料払込みが免除されること、掛け捨てではないこと、解約返戻金があることなどが挙げられます。デメリットとしては、払い込んだ保険料に対して、受け取る金額が少ない場合があること、受け取る金額では子どもの教育費がカバーできない可能性があること、保障が充実しているタイプは貯蓄性に欠けることなどがあります。

そのほかの保険タイプの比較方法



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ