がん保険の比較方法

がん保険とは

  • がん保険とは
  • がん保険をおすすめしたい方
  • がん保険の商品の傾向
  • がん保険とは、がんに関する保障に限定した保険のことです。がんと診断されたときには、診断給付金や入院給付金などが支払われ、手厚い保障が得られます。厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成22年1年間の死亡数のうちトップはがんで、死亡者数は35万3,499人。総死亡数の29.5%を占めています。また、がんで死亡した人数を性別に見ると、男性は全死因の33.4%、女性は25.2%。がんによる死亡は男性に多い傾向があります。しかし、がん細胞は皆の体の中にあるので、発症するかしないかは誰にもわかりません。がん保険は、発症しなければ無駄だと考える人もいると思いますが、年齢を重ねると共に、がんの発症率は高くなりますし、治療の長期化や先進医療の受療により治療費が高額になることもありますので、自分でがん保障を用意しておくことは安心といえるでしょう。なお、がんの治療は長期的になることが多いため、再発や転移を起こしたときの保障内容を十分確認して契約する必要があります。

  • 日本人の死亡原因第1位はがんです(「人口動態統計の概況 平成23年」厚生労働省)。いつ発症するかわからないがんに対する保障を用意しておけば、万が一のときにも安心です。がん保険の保険料は保障の対象をがんに限定していますので、医療保険と比べるとがん保険のほうが保険料は安くなります。病院でがんと診断されると加入できなくなるため、いつかがんを発症するかもしれないと不安を抱えている人は、医療保険のほかにがん保険に加入することをおすすめします。ただし、がん保険は加入してから90日間免責期間というものがあり、その間にがんを発症しても保障は一切受けられません。年齢とともにがんの発症率は上がっていきますので、心配な方は先延ばしにしないで早めにがん保険に加入するのがいいでしょう。また、がんは再発率が高いのも特徴です。もし老後準備が貯蓄や個人年金で確保されているのであれば、一般的な医療保険に関しては最低限の保障にして、再発や転移のリスクのあるがんの保障を手厚くすることをおすすめします。

  • がん保険では、がんと診断され、検査により確定すると入院や手術費用が保障されます。保障のタイプは、一生涯保障がある終身型と一定期間を保障する定期型の2つ。定期型は契約更新をするたびに保険料が上がります。第3分野であるがん保険は、医療技術の進歩による治療後の生存率上昇や、健康保険の自己負担額の上昇などにより、近年必要性が高まっています。先進医療に代表されるように、がんの治療方法は多様化しており、各社が医療技術の進歩に対応したがん保険を販売しています。がん治療は長期になることが多いため、再発や転移を起こしたときの保障内容を必ず確認しましょう。基本的に抗がん剤を使用する治療は通院治療になりますが、古いタイプのがん保険では対応していないものもありますので必ず事前に確認してください。また、がん保険によっては、健康保険の適用がない最先端治療を受けると給付金が支払われたり、がんでの死亡に対して死亡保険金が支払われる、生命保険のような役割を果たすものもあります。

AIG富士生命
AIG富士生命 がんベスト・ゴールドα
  • がんベスト・ゴールドα

「悪性新生物」と初めて診断確定されたときに、最高300万円まで給付金を一括でお受け取りいただけます。特約を付加することで「上皮内新生物」も保障。AIG富士生命健康サービス(がんトータルサポートサービス、セカンドオピニオンサービスなど)がご利用いただけます。月払保険料の最低保険料は1,000円です。

そのほかの保険タイプの比較方法



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび
AFL613/1408B

ページの先頭へ