個人年金保険の比較方法

個人年金保険とは

  • 個人年金保険とは
  • おすすめしたい方
  • 商品の傾向
  • 個人年金保険とは、一定期間あるいは一生涯にわたって定期的に年金が受け取れる保険のことです。公的年金を補い、自身の老後の資金を確保することを目的としています。年金は契約時に定めた一定の年齢から受け取ることができ、年金を受け取る条件により、いくつかの種類に分かれます。第一に確定年金保険。定められた期間は年金が支払われ、期間中に被保険者が死亡した場合には未払い分を死亡一時金として受け取ることが出来ます。そして次に有期年金保険といって、定められた期間内で被保険者が生存している限り年金が支払われるタイプ。3つ目は終身年金保険といって、被保険者が生存している限り年金が支払われるタイプです。保証期間付終身年金保険という一定期間の保証期間を付けたものもあり、保証期間内は被保険者の生死にかかわらず年金が支払われ、保証期間経過後は被保険者が生存している限り年金が支払われます。最後に夫婦年金保険。夫婦のいずれかが生存している限り年金が支払われ、年金額の変更はありません。

  • 個人年金保険は、たとえば若い世代で、将来支給される年金額に不安を感じている人におすすめです。現在の日本は低金利で不景気な状態が続いています。たとえ年金を支払い続けても、自分達がもらえるとは限らないという不安を払拭するために、自分で備えを作っておこうというわけです。また、資産を運用したいと考えている人にもおすすめです。もともと生命保険は万が一のときを考えて備えとして加入するものですが、個人年金保険は、確実にやってくる老後をいかに豊かに過ごすか、ゆとりをもって暮らせるか、そういった考えから作られているからです。公的年金支給開始年齢が65歳に引き上げられ、将来の生活への大きな影響が考えられますので、個人年金保険は今後さらに需要が高まってくるでしょう。年齢は関係なく、将来が不安な人や公的年金の今後に不安を持っている人、個人的な年金を作っておきたいという人は、是非個人年金保険を検討してはいかがでしょうか。

  • 個人年金の保険料は、月払い、半年払い、年払いなどの分割払いか、保険料の総額を一括で払い込む一括払いのどちらかで支払います。分割払いの保険料の決め方は、いくらの年金をいつまで受け取るかで保険料を決める年金建という方法と、いくらの保険料(月1万円など)を何歳から、いつまで払うのかで年金額が決まる保険料建があります。一括で払い込む商品は一時払個人年金保険と呼び、同じ保険であれば、一時払いで支払うほうが支払保険料の総額は安くなります。また、個人年金保険には、年金額が一定でない外貨建と変額型があります。外貨建は米ドルやユーロ、豪ドルなどの外国の通過で保険料を運用するもので、年金額は外貨で確定している商品が一般的です。変額型は、保険料を特別勘定(投資信託)で運用するもので、運用次第で年金額が変動します。年金の受け取り方は、終身年金と確定年金があり、終身保険は一生涯生存している限り年金が受け取れ、確定年金は年金の受け取り開始から、生死に関係なく一定期間受け取れます。

そのほかの保険タイプの比較方法



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ