不慮の事故による死亡に備える特約

H1

+αで付けると安心の特約(30代後半夫婦)不慮の事故でのケガに備えたい

不慮の事故に遭ってケガや死亡した際に、手厚い保障が受けられる特約についてご説明。特約は主契約と比べていろいろな種類があり、どれを付ければいいのか、分からない方は多いはず。そこでケースごとにどの特約を付ければいいか、ご紹介します。

思いがけず、事故に遭ってしまったら
どうしよう。そうした不安を払拭できる特約はありますか?

写真

もちろんあります。事故で骨折や脱臼、腱断裂などの治療を受けたときに保障する特約と、残念ながら、亡くなってしまった場合に保障してくれる特約があります。

治療を保障してくれるものでは、長期入院特約や通院特約、それに手術特約などがあります。また、万が一のときにはちょっと特殊な不慮の事故だけでなく、特定感染症で亡くなったときに死亡保険金が上乗せされる、災害割増特約などがあります。

また、障害特約などがあり、これも主契約によって付けられるものと、そうでないものがあるので注意してください。また、死亡保障の金額を上乗せすることができる定期保険特約や収入保障特約もあります。

不慮の事故に備える特約一覧

長期入院を余儀なくされたとき。
※長期入院とは、日数にして125日以上、180日以上などと、定められていますが、生命保険会社によって異なるので事前に十分確認してください。

● 長期入院特約

病気や不慮の事故などで、長期入院を余儀なくされたときに入院給付金が受け取れる特約のこと。

入院の原因となった病気やケガの治療を行うために通院したとき。
※退院後だけでなく、入院前の通院も保障するタイプの特約(退院後、療養特約)を扱っている生命保険会社もあります。

● 通院特約

入院給付金の対象となる入院をした後、退院して、引き続き入院の原因となった病気やケガの治療を行うために通院した場合に、通院給付金が受け取れる特約のこと。

特約の責任開始期以降に発生した不慮の事故などにより、傷害の治療のために、特約の保険期間中に継続して5日以上入院したとき。(入院の5日目から支払い開始)。もしくは事故の日からその日を含めて、180日以内の入院に限るなどの条件がある場合が多い。

● 災害入院特約

けがで入院しときに、入院給付金が支払われる特約のことを指す。

ケガや病気などで所定の手術を受けたとき。

● 手術特約

ケガや病気などで所定の手術を受けたときに、手術給付金が受け取れる特約。

生命保険の特約の種類



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ