定期保険特約

+αで付けると安心の特約定期保険とは?

主契約にオプションとして付けられる特約。ここでは個別に特約の詳しい内容についてご説明します。死亡や高度障害を負ったときに手厚い保障が受けられる「定期付終身保険」について取り上げます。

特約の定期保険にはどんな種類の
ものがあるの?

写真

定期保険とは、ある一定の期間内に「死亡保障」が受けられるもので満期保険金はありません。保険期間が限定されているため、他の保険に比べてリーズナブル。そのため、「働いている間だけ」や「子育てをしている間だけ」などと、万が一のことがあると困る時期に遺族保障を確保するために向いている保険といえます。そのため、終身保険で一生必要とする保障を準備し、たとえば子供が成人するまで一番お金が必要な期間については、特約として定期保険をつけるという方法をとったりします。

定期保険にいろいろなタイプがあるのか、ということですが、定期保険の代表的なものは、保障額が期間中一定の「定額タイプ」。
この定額タイプは、もし期間中に何もなかった場合に「生存給付金(祝い金とも呼ばれる)」が支払われるものと、支払われないものの、2つタイプに分かれています。
支払われる保険料は少し高めですが、高度障害に陥ったり、亡くなった場合に保険金が支払われるうえ、生きている場合には3年、5年などの節目に生存給付金が受け取れます。
またこれ以外にも、保険料は変わらず、年々受け取る保険金額が少しずつ増える「逓増(ていぞう)定期保険」や少しずつ減る「逓減(ていげん)定期保険」などもあります。



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ