三大疾病保障特約

+αで付けると安心の特約三大疾病保障特約とは?

主契約にオプションとして付けられる特約。ここでは三大疾病と呼ばれる、がんや急性心筋梗塞、脳卒中によって所定の状態になったり、死亡した場合に保障してくれる「三大疾病保障保険」について取り上げます。

三大疾病にかかってしまったとき、
自分よりも万が一のときに
残される家族のことが心配……。

写真

三大疾病保障保険は、死亡時や高度障害を負ったときはもちろん、がんや急性心筋梗塞、脳卒中を患い、保険で指定する所定の状態になってしまった場合に死亡保険金と同額の三大疾病保険金が支払われる保険です。保険期間は主に「定期型」と「終身型」の2タイプですが、保険料払込期間には、一定年齢や一定期間で満了する「有期払込」のタイプも。ちなみに所定の状態とは、例えば、契約後生まれて初めてがんにかかったと医師に診断された場合(責任開始から90日以内に乳房の悪性新生物と医師によって診断されたときや上皮内がん、皮膚がんは対象外となります。ただし、皮膚の悪性黒色腫は対象)です。

ほかにも急性心筋梗塞になってしまった場合には、発病して初めて医師に診断を受けた日から60日以上の間、言語障害や運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したとの医師の診断がなければ、給付を受けることができないので注意してください。



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ