成人病入院特約

+αで付けると安心の特約成人病(生活習慣病)入院特約とは?

主契約にオプションとして付けられる特約。ここでは「成人病入院特約」について詳しくご説明いたします。

成人病にかかってしまった場合に、
プライバシーを保てる個室に入りたいのですが、
いい特約はありますか?

写真

成人病とは、悪い食習慣や運動不足、喫煙、飲酒などの生活習慣を続けることによって、中年期以降にかかりやすい病気のことを指し、がん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患が五大成人病と呼ばれています。これら成人病にかかってしまった場合に給付金を受け取ることができるのが「成人病入院特約」というわけです。しかし通常の場合、主契約となっている医療保険が成人病を保障しています。なので、成人病入院特約を付加すると、医療保険の日額1万円にさらに成人病入院保険の日額1万円がプラスされて合計で日額2万円を受け取ることができるというわけです。
入院した人のうち、「五大成人病」で入院した人の割合は32.4%(平成20年患者調査 厚生労働省調べ)。公的な健康保険のしくみを考えると、最先端治療を受けたとき以外は、成人病とそれ以外の病気との間に自己負担の差はありません。そのため、「最先端治療を受けたい」「差額のベッド代がかかってしまう個室に入りたい」という人に向いている特約です。

また、成人病特約の商品によっては、五大成人病のほかに肝硬変、腎疾患が含まれる場合もあります。詳細は各商品の契約内容をご確認ください。



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ