特徴のある保険その1

一度、病気になると保険に入れない?はホント?健康に不安があっても入れる保険がある!

最近はいろいろな保険があります。

病気で入院したが、保険に加入していなかったのでとても困った。
退院して病状も回復しているが、今後のために保険に入っておきたい。
そんな方向けに、条件付きで申込みが可能な保険を紹介します。

健康状態関係なく、入れる保険がある!

「無選択商品」保険の特徴

「無選択商品」保険の特徴

医療保険に入るためには、通常、被保険者の健康上状態について「告知書」を作成し、保険会社に伝えなければなりません。ですが、加入の際、ハードルとなるこの告知書の提出なしで、カンタンに保険に加入できるタイプの「無選択商品」という保険があります。
でも、この無選択商品で注意しなければならないのは、誰でも入れるからといって、一般の医療保険とまったく同じ保障が受けられるというわけではありません。
そこでどんな制限があるかを下の表にまとめてみました。
また、医療保険では保険期間が5~10のものが多くて、更新するたびに保険料がアップするものが多いため、長く続けるためには家計への負担は大。さらに言えば、死亡保障の金額も上限が300万円と、大きな経済的リスクに備えるには十分とは言えません。

どんな制限があるの?

1 契約を結んでから90日間以内に患ってしまった病気は保障対象外。
(疾病責任開始日は契約日から91日目以降となります。ただしケガについては契約日から保障します)
2 これまでにかかった病気やかかった病気と医学上重要な関係のあること、これを既往症といいますが、既往症の場合は保障対象外になります。

無選択商品よりも制限が比較的優しいものも!

「限定告知型保険」の特徴

「限定告知型保険」の特徴

「限定告知型保険(死亡保険・医療保険)」は、引受基準緩和型とも呼ばれ、保険料の負担は一般の医療保険と比べると、1~3割は高いのですが、「無選択型」よりは比較的制限が優しく設定されています。
例えば、加入前に発病した病気の再発や悪化などのために入院や手術が必要な場合にも入院給付金が受けられますが、契約日から1年以内に保険金(給付金)を受け取る場合、その金額は半額に。
それに、終身や90歳までといった長い期間保障してくれるものも。
ただし、次の5つの項目に当てはまる方は加入できません。

  1. 1)過去2年以内に入院または手術をした
  2. 2)過去5年以内にがんで入院もしくは手術をした 
  3. 3)今後3カ月以内に入院または手術予定
  4. 4)現時点でがん、肝硬変と医師に診断もしくは疑いがあるとされる場合
  5. 5)これまでに公的介護保険の要介護認定(要支援を含む)を受けたことがある

どんな制限があるの?

1 契約してから1年以内に病気にかかった場合、保険金・給付金は50%になるのが通常。
2 既往症(すでにかかったことがある病気など)について、責任開始前に医師からすすめられた入院や手術などについては保障対象外になるので要注意。
3 職業や収入、過去に結んだ契約歴やすでに契約しているものとの通算のために、加入できない場合もあるので確認を。


お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ