特徴のある保険その3

将来のために備えたいなら貯蓄タイプの保険

最近はいろいろな保険があります。

保険には掛け捨て型のものと、貯蓄型のタイプがあり、
それぞれメリット・デメリットがあります。
ここでは、貯蓄型保険の代表的な「個人年金保険」と「養老保険」、
「学資保険」などについてご紹介します。

お金を貯めるのにオススメ!の「個人年金保険」「養老保険」、「学資保険」とは

「無選択商品」保険の特徴

日本人の寿命は伸びており、平均寿命は女性で86.4歳、男性で79.6歳(出典/厚生労働省『平成21年 簡易生命表』調べ)。60、65歳で仕事を辞めてから約20年間、快適なセカンドライフを送るためにはまとまったお金が受け取れる個人年金と養老保険がオススメ。
個人年金は利率や特約が異なります。積み立て利率は『固定』と『変動』があり、今のような超低金利の時代ではなかなか固定型でお金を増やすのは難しく変動型に注目が集まっています。ただし、元本より目減りしないように注意が必要です。

また、養老保険は満期を定年に合わせて、定年とともに満期金を受け取る。もしくは万が一、定年前になくなってしまった場合も、死亡保障も受け取れます。

ほかにも学資保険も子どもの大学入学時に満期を定めておくと、一番物入りなときに給付金を受け取ることができます。

貯蓄性の高い3つの保険は?

1 個人年金保険
2 養老保険
3 学資保険


お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ