保険金、給付金の種類

いざという時に役立つ保険にするために 保険のメンテナンス予備知識 保険金・給付金の種類

生命保険会社から受け取るお金には、主に死亡保障の際に使われる保険金と入院給付金があります。これらは保険会社に申請をしなければ受け取ることができません。また、保障の種類により給付される保険金・給付金も異なります。ここでは保険金・給付金の代表的なものを紹介します。

保険会社から受け取るお金は2種類

保険金と給付金の違い

まず、保険金と給付金についてご説明しましょう。

●保険金

保険金とは、被保険者が死亡・高度障害状態の時、または満期まで生存したときに生命保険会社から受取人に支払われるお金のことです。

●給付金

死亡保険や生存保険の給付は、死亡保険金や生存(満期)保険金と呼ぶことが一般的ですが、医療保険では、入院「給付金」や手術「給付金」のように給付金と呼ばれることが多いようです。


保険に入っていても、どんな時にどれだけの金額を受け取れるか理解していなければ、いざという時に役立ちません。加入している保険の保険金、給付金の内容を確認しておくことが大切です。以下、代表的な保険金と給付金に関してご説明します。

死亡保険とそれに関わる保険金、給付金

死亡に関わる保険金、給付金の代表的なものをご紹介します。

●死亡保険金

保険期間中に、被保険者が死亡した時に支払われる保険金です。死亡時に一時金として支払われるもののほか、年金のように分割して受け取れるものがあります。

●高度障害保険金

保険期間中に、被保険者が病気やけがにより所定の高度障害状態になった場合に、死亡保険金と同額の保険金を受け取れます。高度障害保険金が支払われると保険契約は消滅します。

●特定疾病保険金(3大疾病保険金)

がん・急性心筋梗塞・脳卒中により、所定の状態になった場合に保険金を受け取れます。

●災害死亡割増特約の給付金

自然災害や交通事故などの不慮の事故により死亡または高度障害となった場合に、死亡保険金に加えて(割増しで)支払われる保険金です。

医療保険の給付金

医療保険の給付金は、病気やけがの治療費の保障として支払われます。

※商品により支給条件が異なります。

●入院給付金

被保険者が病気やけがで入院した場合に、入院1日あたり●円というように入院日数に応じて受け取れる給付金です。

●手術給付金

被保険者が手術を受けた場合に受け取れる給付金です。

●通院給付金

治療のために通院した場合に、1日あたり●円というように受け取れる給付金です。

●女性疾病入院給付金

女性特有の疾病により入院した場合に、通常の入院給付金にプラスして受け取ることができます。

がん保険の給付金

がん保険は治療が長期化し治療費も高額になりがちながんに特化した保険です。がん以外は対象外ですが、がん治療のための保障が手厚いのが特徴です。代表的なものに、診断給付金、入院給付金、手術給付金、通院給付金、先進医療給付金などがあります。

保険のメンテナンス予備知識



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ