責任準備金と予定利率

いざという時に役立つ保険にするために 保険のメンテナンス予備知識 責任準備金と予定利率

保険会社は、将来の保険金や満期金などの支払いに備えて保険料を積み立てて運用をしています。積み立てられた準備金を「責任準備金」、運用で見込まれる利率を「予定利率」といいます。ここでは、この2つについてご説明します。

責任準備金と予定利率の仕組み

支払い保険料の算出方法は?

責任準備金と予定利率を説明する前に、私たちが支払う保険料の算出方法を知っておきましょう。
●保険料=付加保険料+純保険料


※付加保険料:予定事業費率により算出した、保険事業を運営するため必要とされるコストのこと。内訳としては、新契約の締結・成立に必要な経費(予定新契約費)、保険料集金に要する経費(予定集金費)、保険期間を通じて契約を維持管理するための経費(予定維持費)がある。


※純保険料:契約者が保険会社に対して支払う保険料のうち、保険会社の経費に充てられる部分(付加保険料)を除いた、将来の保険金支払いに充てられる保険料のこと

責任準備金とは

生命保険会社は、保険金や年金、各種給付金を支払うことになりますので、それに備えて保険料やその運用収益などを積み立てています。そして、このようにして積み立てられた準備金のことを責任準備金といい、上記のように、保険料算出の際に使用されます。一般的に責任準備金は、掛け捨てとなる定期保険では金額が低く、貯蓄性の高い終身保険や養老保険では金額が高くなっています。生命保険会社が破たんした場合には、破たん時点の責任準備金の90%までが生命保険契約者保護機構により補償されることになります(補償されるのは責任準備金であり、保険金や年金は90%以下になることもあります)。

責任準備金積立のイメージ図(定期保険の場合・養老保険の場合)

予定利率とは

生命保険会社は保険料の一部を運用し、運用によって得られる収益を見込み、保険料を割り引いています。この割引率を予定利率といい、これも保険料算出に使用されます。運用成績が好調で、予定利率より高い利率で運用できると剰余金がうまれ、配当金がある保険には配当金が支払われます。しかし、逆に予定利率を下回る運用利率となった場合には、保険会社の財務状態を圧迫することに。予定利率だけでなく、保険会社の財務健全性を考慮して保険を選ぶことが大切ですね。

保険のメンテナンス予備知識



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



お知らせ

現在のお知らせはありません

取り扱い保険会社

※以下50音順
  • アクサ生命
  • アクサダイレクト生命
  • あそしあ少額短期保険
  • アフラック
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 損保ジャパン日本興亜
    ひまわり生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • フコク生命
  • マニュライフ生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 三井生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命
  • ライフネット生命

店舗一覧

北海道・東北
札幌 | 仙台
関東
銀座 | 銀座キラリト | 新宿
池袋 | 立川 | 横浜 | 大宮
千葉
北陸・甲信越
長野 | 松本
東海
静岡 | | 名古屋駅
関西
梅田 | なんば | 京都河原町
神戸
中国・九州
広島 | 岡山クレド
博多駅前 | 天神
小倉 | 長崎
大分

募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ