保険のメンテナンスのテクニックその3

知らないと損をする!? 保険のメンテナンスのテクニック 最新の入院・手術給付金の請求手続きをチェック

ここ最近、入院・手術給付金の請求手続きが変わってきています。簡易請求でOKになったり、診断書の取得費用の支払いなど、各社ともに顧客の利便性を考慮したサービスに力を入れています。詳細は会社によって異なるため、手続きやルールをしっかりと確認することが大切です。

会社によって請求に必要となる書類も異なる

入院したときの保険

最新の入院・手術給付金の請求に関する例を2つ挙げてみましょう。


●A社の場合:入院、会社所定の診断書を取り給付金の請求をしたが、支払いの対象ではなかった。しかし、診断書の取得費用として5,250円の支払いをしてくれる

●B社の場合:3年前に医療保険に加入した人が 12日間入院。必要な入院手術証明書は、他社の入院手術証明書のコピーでOK。ほか、以下の条件を満たせば入院・手術証明書が不要になることもあります。
    ・入院日数が25日以内
    ・手術を受けていない、または領収書に診療報酬2000点と記載されて
      いる手術が1回のみ
    ・入院理由が病気の場合、加入から2年経過していること
    ・総合医療保険・特約の場合、先進医療または放射線治療を受けて
      いないこと

損をしないために知っておくべきコツやテクニック



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ