医療保険の基礎

保険の基本型Ⅱ 医療保険について

死亡保障とは別に、「病気やケガ」に備える保険があります。その中のひとつが医療保険。入院や手術で医療費が多くかかる場合に備えて、できるだけ入っておいた方がよい保険です。特に高齢になるほど病気やけがのリスクは高くなりますので、チェックしておきましょう。

病気やケガに備える保険

医療保険

病気やケガでの入院、定められる範囲の手術を受けたときなどに、給付金が受け取れる生命保険です。死亡したときには死亡保険金が受け取れますが、金額は少額です。加入時のポイントとは、「どのくらいの保障」が、「いつまで必要」なのかをはっきりさせて商品を選ぶことです。


定期タイプと終身タイプがあり、定期タイプでは一定の年齢で更新ができなくなったり、保障が削られたりするので、高齢での病気やケガのリスクを考えると終身タイプの方が安心です。

生命保険の基礎知識



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ