がん保険の基礎

保険の基本型Ⅲ がん保険について

死亡保障とは別に、「病気やケガ」に備える保険があります。その中でも医療費が高額になりやすいがんという病気に特化して保障するのががん保険。がんの治療は入院日数が短く、退院後の治療日数が長くなる傾向にあるなど、治療の変化に応じて保険商品の保障内容も変化しつつあるため、最新動向は相談の際に確認を。

がんに備える保険

がん保険

がんにより入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金が受け取れます。死亡したときは、死亡保険金が受け取れますが、金額は少額です。


●がん保険の基本的な保障は、診断給付金、入院給付金、手術給付金でこのほかに通院給付金、先進医療給付金などがあります。

●がん診断給付金や療養給付金が受け取れるタイプのがん保険もあります。

●定期タイプと終身タイプがあります。

●がんと認められる対象は、約款に定められています。がんの種類によっては給付の対象外になることがあります。

生命保険の基礎知識



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ