家族構成の変化

生命保険の見直しのチェックポイント2家族構成の変化に合わせて見直す

家族構成の変化に合わせ、いざという時に役立つ保険に

結婚、出産、子どもの独立などのライフステージの変化があった場合、家族構成や人数は変わります。つまり、生活するために必要なお金が変わることになりますので、保険の見直しをしないといざという時に役に立たない保険になってしまいます。

結婚、子どもの誕生、独立などに際して

社会人になり、最初に家族構成が変化するのは結婚。自分が契約者として初めて入った保険は、保険金受取人は親である場合が多いのではないでしょうか。保障額もそれほど高いものではないでしょう。配偶者のことを考え、受取人は配偶者に変更、夫の保障を増額するなどしましょう。また、出産に備え、医療保険の検討もしておきましょう。


子どもが産まれたら、養育費や教育費など見込まれる不足分を上乗せしましょう。出産により退職するなど妻の働き方が変わった場合、その分の生活費の保障も増やすといいでしょう。専業主婦の場合、母親が死亡すると子どもの世話をするベビーシッターや、家事を頼む家政婦などにお金がかかる可能性があるため、子どもが小さいうちは妻にも多少の死亡保障を検討してください。その子どもが経済的に独立したら、貯蓄と照らし合わせ、必要な保障だけに絞るのがいいでしょう。万一の場合を考え、妻の生活が成り立つ保障額を確保し、必要がない分は減額を。


最後に親の扶養も検討しなくてはいけません。自分に万一のことがあった場合に親にもお金を残したいという時は、その分死亡保障を増額しておきましょう。

生命保険の見直しのチェックポイント



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ