国の制度の変更

生命保険の見直しのチェックポイント4国の制度の変更に合わせて見直す

国の制度変更も常にチェック

自分や家族の生活環境の変化に伴う保険の見直しは、すぐに頭に浮かびます。
しかし、国の制度が変更したときも保険の見直しのチャンスなのです。生活に直接結びつかない場合も多く、つい見落としがちですが、念頭に置いておくことが重要です。
ここでは2つのケースをご説明します。

生命保険料控除の改正

保険の見直しに影響を与える国の制度変更を考えてみましょう。
たとえば、2010年の税制改正により生命保険料控除が改正されました。これまでの適用限度額を5万円から4万円に下げ、新たに介護医療保険料控除の項目が追加されたという内容。
全体の控除適用限度額としては、10万円から12万円まで拡大されることとなりました。

児童扶養手当の改正

近年、離婚する夫婦が増え、おのずとシングルマザー、シングルファーザーが増えています。離婚の他にも一定の条件を満たしていれば、子どもが18歳に達する日以後、最初の3月31日(18歳の年度末)までを期限に児童扶養手当が受給できます。これは、もともと母子家庭を対象にしていたものでしたが、平成22年8月1日から父子家庭も対象となりました。

こうした国の制度の変更は、対象となる人にとって切実な問題であり、保険の見直しは生活にかかわる重要なことなのです。

生命保険の見直しのチェックポイント



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ