契約内容・期間

生命保険の見直しのチェックポイント5契約内容・期間を見直す

ライフステージごとに契約内容や期間を見直す

必要な保障というのは、価値観やライフスタイルなどによって多様です。また、ライフステージごとに必要となる保障額や保険期間は変化するもの。生活に変化があった時に、それに合わせた見直しを行うことが、いざという時に頼りになる保険にするポイントです。

必要保障額はどのくらい?

結婚、出産、子どもの独立、転職、住宅購入、起業・独立など、人生にはさまざまなライフステージがあります。
保険を見直す際には、保険の基本に戻り、その時々に必要な保障額と保障期間をきちんと考え直しましょう。身の回りの環境が変わるたびに、無駄な保障や足りない保障がないかどうか、また保障期間は十分であるかどうかなどを確認できるとベストです。

必要な保障額は、「遺族の生活費」-「夫の死亡後に見込める収入」です。遺族の生活費は、妻ひとりだけの場合は現在の生活費の約50%、子どもがいる場合は、独立するまで(22歳頃まで)約70%を目安として考えます。教育費や住居費も必要に応じて加えます。
一方、夫の死亡後に見込める収入は、万一の時に加入している公的年金からもらえる遺族年金や、死亡退職金、預貯金、妻の収入などを見込んだ金額となります。

年代ごとに考える見直しポイント

年代ごとの見直しポイントを考えていきましょう。
20代は多くの人が生命保険に初めて加入する時期。ケガや病気に対する保障に重点をおきましょう。
30代では結婚、出産で家族への責任が重くなるため、死亡保障を増やし、併せて子どもの教育資金の準備も考えて。
40代は住宅ローン、教育費の出費の多い時期。住宅を購入した場合は団信に加入すると、既に加入している保険の保障額は下げられます。無駄なく保障を抑えて保険料を節約しましょう。
50代は子どもの独立で家計の負担は減少し、生活費や教育費のための死亡保障も少なくなる時期。死亡保障を減額すれば、保険料を抑えられます。その分老後を視野に入れ、重点を死亡保障から老後の医療保障や介護保障に移していきましょう。もちろん老後の生活資金の準備も忘れずに。
そして60代。医療保障や介護保障の最終的な見直し時期となります。

それぞれに、保険期間が不足していないか、長すぎないかも考えて。
そして特約の型を変更したり、保険期間を延長したり、新たな保険に入り直すなどで調整をしましょう。

生命保険の見直しのチェックポイント



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ