医療の進化・制度の変更

生命保険の見直しのチェックポイント7医療の進化・制度変更を機に見直す

進化する医療の「今」に合った保障内容に見直そう

時代とともに進化する医療。治療を受ける側としてはありがたいことですが、数年前の保障内容では、いざ治療を受ける際には保障の条件外となってしまうケースが出てきています。そのようなことがないよう定期的に保険を見直し、医療の「今」に合った保障内容にすることが重要です。

短期入院型保険や先進医療に対応したサービスも

最近では、病気やケガなどで入院する際の入院日数が減っており、医療保険も「一入院あたり最大40日まで」「一入院あたり最大60日まで」という商品が出てきています。
かつては5日以上入院しないと1円ももらえないという商品が主流でしたが、最近発売されている医療保険は、ほとんどが1泊2日あるいは日帰り入院から保障されています。
入院が短期化している今、短期入院対応型の商品に切り替えて、しっかり給付金をもらいたいものです。
また、一部の生命保険会社では、先進医療の技術料を病院へ直接支払うサービスを開始しており、立て替え払いが不要な場合も。さらに治療可能な病院が限定されている先進医療に対し、居住場所以外で治療を受ける時の交通費や宿泊費の一部をカバーしてくれる保険も開発されています。

このような新商品やサービスに合わせて定期的に保険を見直し、最新の保障内容にすることが、いざというときに役立つ保険にするポイントといえるでしょう。

生命保険の見直しのチェックポイント



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ