誕生日を機に見直す

生命保険の見直しのチェックポイント8誕生日を機に見直す

「誕生日前に保険の見直し」を恒例行事に!

生命保険の保険料は一般的に年齢によって異なります。多くの保険で、年齢が上がるほど保険料は上がります。つまり、見直しを検討しているのであれば、年齢が上がる前の方が保険料は安くすむのでおすすめです。
ただし、年齢を計算する方法は「満年齢」と「保険年齢」の2種類あるので注意しましょう。

満年齢と保険年齢という考え方

生命保険の保険料は年齢によって決められています。しかし、その年齢の計算方法は2種類あります。
1つは満年齢。4月1日が誕生日の場合、3月31日までに加入手続きが完了すれば、誕生日前の年齢で加入が可能です。
もうひとつは保険年齢。これは誕生日の半年前には1歳年齢が上がる計算方法で、4月1日誕生日の場合、前年の10月1日には1歳保険年齢が上がります。
どちらの計算方法を採用しているかは保険会社によって異なり、満年齢を採用している保険会社は、損保系生保、外資系生保、カタカナ系生保に多く、保険年齢を採用している保険会社は大手保険会社に多いといわれています。

現在では多くの保険会社で満年齢を採用しています。契約が完了した時点での年齢によって、保険料が変わってしまう可能性があるので、誕生日が近づいてきたら、それを機に保険の見直しをすることをおすすめします。
手続きには時間が必要なので、余裕を持ってご相談くださいね。

生命保険の見直しのチェックポイント



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ