保険の契約者・受取人を見直す

生命保険の見直し方法1保険の契約者・受取人を見直す

生命保険に加入する際、「被保険者」、「保険金受取人」、「保険料の負担者」をよく考えて決める必要があります。それは、「契約者」と「保険金受取人」、「被保険者」がだれであるかにより、支払う税金の種類が異なってくるためです。保険を見直す際には、まず加入している保険の契約者と受取人が誰であるかを確認しましょう。

契約見直しは契約者・受取人の確認から始めよう

契約者、受取人、被保険者とは?

契約者とは、加入する保険の契約者ですから保険料の支払いをするとともに、保険金受取人の指定や解約返戻金や満期返戻金などを受け取る権利があります。保険金受取人とは、契約に定められた保険金支払事由が生じた場合に、保険金を受け取る人のことをいい、保険会社に対して、保険金を請求することができます。保険契約者が保険金受取人を指定します。被保険者とは、保険の保障の対象となる人で、被保険者が契約に定められた保険金支払事由にあった時に保険金が支払われます。

生命保険と税金の関係を知っておこう

保険契約者と受取人、被保険者の関係により、所得税、相続税、贈与税と税法が異なってきます。

●契約者A、被保険者A、受取人B:みなし相続財産として相続税の対象となり、Bに納税義務

●契約者A、被保険者B、受取人A:一時金で受け取る場合は一時所得として所得税の対象、年金で受け取る場合は雑所得として所得税の対象で、Aに納税義務

●契約者A、被保険者C、受取人B:AからBへの贈与として贈与税の対象となり、Bに納税義務


医療保険の場合は、契約者と受取人を同一にしておくと、生命保険会社から受け取る給付金に対して税金は課税されません。

まとめ

税金との関係を知ることは、いざという時に必要な保障が足りなくなることを防ぐためにも必要です。それ以外にも、たとえば結婚前に契約していた保険契約で、契約者や受取人が親になったままになっているケースがよくあります。家族が変更したわけですから、この場合も現在の生活状況に合った契約内容にする必要があるでしょう。契約の途中で受取人を変更したい場合、契約者がいつでも変更できますので、現在の契約をもう一度確認し、必要であれば変更の手続きを行いましょう。

生命保険の見直し方法



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



お知らせ

現在のお知らせはありません

取り扱い保険会社

※以下50音順
  • アクサ生命
  • アクサダイレクト生命
  • あそしあ少額短期保険
  • アフラック
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 損保ジャパン日本興亜
    ひまわり生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • フコク生命
  • マニュライフ生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 三井生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命
  • ライフネット生命

店舗一覧

北海道・東北
札幌 | 仙台
関東
銀座 | 銀座キラリト | 新宿
池袋 | 立川 | 横浜 | 大宮
千葉
北陸・甲信越
長野 | 松本
東海
静岡 | | 名古屋駅
関西
梅田 | なんば | 京都河原町
神戸
中国・九州
広島 | 岡山クレド
博多駅前 | 天神
小倉 | 長崎
大分

募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ