保険加入を検討する

生命保険の見直し方法3保険加入の検討


保険を見直す時、そもそも何のために保険に加入するのか、その目的をはっきりさせることが大切です。「みんな入っているから……」と何となく契約したなら、今が見直しのチャンス。まず、なぜ保険が必要なのかをはっきりさせて、保険加入自体を検討してみましょう。

保険加入を検討するときの5つのポイント

1.何のために保険に加入するのかを考える

まずは保険の目的をはっきりさせましょう。漠然と保険会社に電話してパンフレットを取り寄せたり、雑誌やインターネットで保険の勉強を始めたとしても、目的がはっきりしていなければ、訳が分からなくなってしまいかねません。結婚したので家族の将来のために備えたい、年をとって病気やケガに備えたいなど、自分の生活と照らし合わせ、どんな保障が必要なのかを認識すること。その上で、死亡保障・医療保障・介護保障・老後保障という4つのどこに分類されるのかを確認しましょう。目的が決まってくると、加入する保険の種類が選択できるようになり、自分に合った保険が分かるようになります。

2.必要な保障額を考える

保険に加入する目的が明確になると、必要な保障額がいくらかを考えましょう。経済的リスクをすべて保険でまかなうという考え方もありますが、保険金額が高ければ、その分支払う保険料も高くなります。保険料を捻出するために、生活費を削らなくてはいけない状況は本末転倒です。

3.保険期間を考える

加入目的と保障額が決まれば、次は保障期間の検討です。特に子どもがいる方は、末子が学校を卒業するまでの教育費を確保するために期間を定め、無駄のない保険を選択するとよいでしょう。ライフプランは人それぞれ。保険に頼る期間は何歳まで、と将来を見据えて考えましょう。

4.払い込みはいつまでかを考える

次に、自分が何歳まで保険料を支払うかを考えます。定年退職を迎えるまでに払い込みを済ませるのもいいでしょう。もし定年後も支払い続ける場合には、無理のない保険料にしていきたいものです。ただ、払い込む期間が短いと、その分毎月の保険料負担は重くなりますので、現状と将来のバランスをうまく考慮することが重要です。

5.保険会社をどこにするかを考える

最後に保険会社の選択です。2007年頃に世間で話題になった保険金不払い問題でどこの保険会社も信用できないという方もいらっしゃるかと思いますが、経済的リスクを補う1つの方法が保険です。比較検討して、自分に合った保険会社を選択してください。

まとめ

以上、保険加入を検討するときの5つのポイントをご説明しましたが、自分ひとりで納得のいく保険を選ぶことはなかなか難しいもの。引っ越しの際に不動産会社に、家電は家電量販店に相談するように、保険を選ぶ際にもプロに相談するのが成功の近道です。目的意識をしっかり持ち、アドバイスを十分に活かして、自分のために、家族のために、ベストな保険を選択してください。

生命保険の見直し方法



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ