掛け金を検討する

生命保険の見直し方法4掛け金の検討

生命保険は保険料を20年~30年と払い続ける場合もあり、総額にするとかなりの額になります。必要ない保障のために高い保険料を支払うほど損なことはありません。また、子どもの成長や親の介護などの将来を見据え、家計に負担にならない掛け金を検討することは重要です。

家計に負担にならない掛け金を検討しよう

家計のバランスを保つため、「手取り月収の5%程度」を目指して

生命保険は万一の場合の必要最低限度の生活保障をするものと考え、余裕があれば、貯蓄やローンの返済などにまわしたいもの。あくまで今の自分の生活に合った保障を受けることが大切です。貯蓄をするためには、生命保険料は手取り月収の5%程度に抑えることがおすすめです。

現在加入している保険で、無駄な掛け方をしていないか確認するために、保険相談にいらっしゃるのもいいかもしれません。複数の会社の資料などで金額や保証内容を見比べ、あなたに本当に合った保障を選ぶことで、保険料の節約を目指しましょう。

生命保険の見直し方法



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ