12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

家計のやりくり

HOUSEHOLD

専業主婦(夫)になったときの家計管理の注意点とは?

専業主婦(夫)になったときの家計管理の注意点とは?

結婚を機に夫婦どちらかが仕事を辞め、専業主婦(夫)になる人も多いと思います。この場合、基本的には世帯主の収入だけで生活していくことになります。お互い気持よく暮らしていくためにも、上手に家計を管理する術を身につけたいですね。

まずはお金の使い道について話し合いを持とう

まずはお金の使い道について話し合いを持とう

結婚後に夫の収入だけで暮らしていく場合、まずはふたりで毎月の収入と、お金の使い道についてきちんと話し合っておくことが大切です。
このとき気をつけたいのは、ふたりの価値観の相違を確認すること。お金をかけたい部分、かけたくない部分は人によって違うものです。お互いが納得できるようにお金の使い道を話し合い、あとはそこで決めたルールをしっかり守っていくことを心がけましょう。

家計管理のポイント

家計管理のポイント

専業主婦(夫)で家計を預かることになったときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。中でも大切なのは、世帯主の収入をしっかり把握すること。中には世帯主から家計費だけをもらってその範囲で生活するという家庭もありますが、この場合世帯の収入がブラックボックスになってしまうので、できれば避けた方がよいでしょう。
また、自分だけが家計を管理し、相手は無頓着というのもNG。家計はあくまでふたりのものですから、月に1度は一緒に家計簿を見て無駄遣いをチェックするなど、ふたりで家計を守るという意識を持つようにしたいですね。

夫が専業主夫になったときに気を付けたいことは?

夫が専業主夫になったときに気を付けたいことは?

最近では妻が働き、夫が主夫を勤める家庭も増えてきています。妻が外で働いている場合には、一般的に被服費や美容費、交際費などがかさみがち。これらの出費はある程度必要ではありますが、ムダ遣いが隠れている可能性もあります。このような出費が増えてきたときは、まずお互いしっかり話し合ったうえで、見直しをはかることが大切です。

関連記事

もっと見る

無料相談を予約する

相談は何度でも無料。お気軽にお越しください!

北海道・東北エリア
札幌 仙台
北陸・甲信越エリア
新潟 長野 松本