12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

家計のやりくり

HOUSEHOLD

貯められる人・貯められない人の違いはどこにある?

貯められる人・貯められない人の違いはどこにある?

お金を貯めたいというのは、誰にとっても共通の夢。でも人によって、お金を貯めるのが上手な人と、そうでない人がいます。それでは、貯め上手な人と貯めベタな人は何が違うのでしょうか?貯められる人の習慣をチェックしてみましょう。

貯められる人はお金を大事に扱う

貯められる人はお金を大事に扱う

お金を大切にできているかどうかは、お財布を見れば一目瞭然。それではさっそく、以下の項目をチェックしてみてください。

1.お財布にいくらあるか、すぐに答えられる
お財布の中の金額を聞かれてすぐ答えられる人は、自分のお金をしっかり把握できている人。こういう人のお財布は、お札が種類ごとにそろえられているのも特徴です。

2.不要なレシートが入っていない

貯められる人は毎日家計簿をつけるためにレシートを取り出すので、お財布はいつもスッキリ。
3.クレジットカードは2枚以内
貯め上手な人は、クレジットカードの数が少なく、カード入れもスッキリしています。
自分のお財布の中身がわからなかったり、レシートやカードでパンパンになっている人は、貯めベタな人といえるかも…。貯め上手な人への第一歩として、まずはお財布から改善してみましょう。

使うところと節約するところにメリハリがある

使うところと節約するところにメリハリがある

お金を貯めるためには、ムダ遣いを減らすことが第一です。貯め上手な人は、お金の使い方にメリハリを付けるのも上手。やみくもに節約するのではなく、お金をかけるポイント、節約するポイントを明確にしています。

使うところではしっかりとお金を使った方が、ストレスも溜まりにくく、ムダ遣いを抑えることができます。出費にメリハリがない人は、まず支出に優先順位をつけてみましょう。

また、貯蓄を取り崩しにくくするよう工夫することも、貯め体質になる重要な要素。貯め上手の人は取り崩しにくいよう、通常使う口座と貯蓄口座はしっかり分けています。また、貯蓄口座のカードは持ち歩かないなど、使い込み防止策も万全。もし貯蓄分も普通口座に入っており、すぐにおろせるようになっているなら、ぜひ貯蓄用口座を用意して、貯蓄分を移動させましょう。

関連記事

もっと見る

無料相談を予約する

相談は何度でも無料。お気軽にお越しください!

北海道・東北エリア
札幌 仙台
北陸・甲信越エリア
新潟 長野 松本