12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

保険の見直しや基礎知識

Learn the insurance

主契約部分の死亡保障

生命保険のベースとなる主契約部分の死亡保障は、定期、終身、養老の3種類です。ここでは、それぞれがどんな内容なのかを簡単にご説明します。

※保険会社によってさまざまな種類があり、細部が違うこともあります。

主契約部分の死亡保障は定期、終身、養老の3種類

定期保険

定期保険

一定の保険期間(保険料払込期間)に死亡した場合に、保険金が受け取れます。比較的安い保険料で大きな死亡保険金が保障される生命保険です。

  • 満期保険金はありません。
  • 保険期間中、どの時点で死亡しても死亡保険金が同額のタイプ(左図)が一般的です。
  • 保険料は変わらずに、保険料が一定で契約後保険金額が減っていく逓減(ていげん)定期保険などもあります。
  • 更新の際に保険料が再計算され、通常は保険料が高くなります。
  • 満期保険金がなく、死亡保険金が受け取れるのも保険期間内の掛け捨てタイプの保険です。
  • 死亡後、所定の期間にわたって年金を受け取れる「収入保障保険」もあります。

終身保険

終身保険

一定期間保険料を払い込むと、保険料払い込み期間が終わった後も、一生涯、死亡保障が継続される生命保険です。

  • 死亡した場合に死亡保険金が受け取れます。
  • 一生涯保障が続きます。
  • 満期保険金はありません。
  • 保険料払い込みが、一定期間で終了する有期払込と一生涯保険料を払い続ける終身払込の2つのタイプがあります。

養老保険

養老保険

一定の保険期間に死亡してもしなくても、必ず保険金を受け取れる生命保険です。

  • 一定の保険期間内に死亡した場合、死亡保険金を受け取れます。
  • 満期時に生存している場合、満期保険金を受け取れます。
  • 死亡保険金と満期保険金は同額です。
  • 受け取る満期保険金が、払い込んだ保険料の総額を下回ることもあります。
  • 死亡保険金、または満期保険金を受け取れるので、貯蓄性が高い保険です。

無料相談を予約する

相談は何度でも無料。お気軽にお越しください!

北海道・東北エリア
札幌 仙台
北陸・甲信越エリア
新潟 長野 松本