12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

ライフプランニング

LIFEPLANNING

ライフステージ別選び方 働き方が変わった編

ライフステージ別選び方 働き方が変わった編

会社員から個人事業主、アルバイトなどへと働き方を変えるなど、雇用形態が変わると、必要な保障内容も変わってきます。
何がどう変わるのかや、見直すべきポイントなどをご紹介します。

雇用形態が変わったら、保険の見直しは必須!

会社員と自営業、フリーターなど、働き方が違えば、加入している社会保険も異なるのをご存じでしょうか。

たとえば、会社員の場合、公的年金では「国民年金保険+厚生年金保険」に、公務員であれば、「国民年金+共済年金保険」に加入しています。
一方、自営業やアルバイトなどの多くは国民年金保険に加入することになっています。 健康保険でも、会社員は健康保険組合(主に大企業の会社員の場合)、協会けんぽ(中小企業の会社員の場合)に入っていますが、自営業やフリーターは、国民健康保険に加入することになっています。
つまり、会社員や公務員のほうが自営業やフリーターよりも社会保障が手厚い内容になっています。

保険は何かあったときのためのリスクヘッジ。会社員から自営業や自由業に転職した人は社会保険の保障が下がるので、それを補う保障を上乗せする必要があります。
逆に自営業・自由業から会社員になった場合には社会保障がアップするので、保険額を下げてもよくなるというわけです。

雇用形態が変わったとき、検討すべき保険内容

  1. 年金などの老後の資金は十分か。
  2. 万が一のことがあたっときの保障は十分か。
  3. 病気やケガになったときの保障は十分か。
  4. 社会保険の変更はあるか。

関連記事

もっと見る

無料相談を予約する

相談は何度でも無料。お気軽にお越しください!

北海道・東北エリア
札幌 仙台
北陸・甲信越エリア
新潟 長野 松本