12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

マネープランニング

MONEY PLANNING

結婚したら今すぐ! お財布の管理のことを話し合って

結婚したら今すぐ! お財布の管理のことを話し合って

ふたりがこれから長い人生を歩んでいく上で、必要となるお金のこと。独身時代は、自分のためだけにお金の事を考えればよかったけれど、これからはふたりで暮らす共同生活。お互いの希望をしっかり話し合って、将来のためにどれくらいの貯蓄が必要か、そのためにどのように1カ月のお金の管理をしていくか、最初に話し合うことが大切です。お金の管理は、どちらかひとりがお財布を管理するのか、それともふたりが役割分担をして管理していくのかも決めておくとスムーズです。

共働きの場合、生活費の管理をどうする? ふたりに合った方法を見つけて

結婚当初は、夫も妻も働く共働きの夫婦が多いでしょう。みんなどんな形で生活費の管理をしているのか。ここでは、生活費を持ち寄って1つのお財布で管理する方法、ふたりがそれぞれ役割分担を決めて、自分の分担部分を負担し、残りを自由に使う方法。それぞれのメリットデメリットについて紹介しますので、自分たちにはどちらが向いているか、参考にしてみてください。

パターン1 夫と妻の収入を合わせて、どちらかが管理する

夫と妻の収入を合わせて、どちらかが管理する

ふたりの収入を家計用の口座にまとめて、その中から生活費とそれぞれのお小遣いを出すという方法です。最初に各費目についてしっかり予算を決めて、総額を決めます。貯蓄については、夫婦それぞれの給与振込口座から自動振替の形で自分の名義で毎月積み立てていきます。最初にお財布を管理する人は浪費癖がなく、金銭感覚がしっかりしている方が担当しましょう。

メリット

収入が1カ所にまとまって、一元管理ができるので管理しやすいのがメリット。お小遣いも、家計用のお金から捻出するので、無駄に使い過ぎることもありません。

デメリット

自分が稼いだお金を自由に使えないという点で、ストレスを感じてしまうこともあります。管理していない人が、生活費が何にいくら使われているのか確認できなくなることもあるので、ふたりで振り返るタイミングを決めて、家計の状況や不満がないかなど話し合うといいでしょう。

パターン2 夫、妻それぞれが自分の役割の費目分を支払い、自分で管理する

夫、妻それぞれが自分の役割の費目分を支払い、自分で管理する

家計の中でお互いに、担当する費目を決めるというやり方。例えば、家賃・車関連費は夫、水道光熱費・食費は妻などと担当を決めて、その分を支払います。残りのお金は各自が管理する方法です。ふたりとも金銭感覚がしっかりして、自己管理をきちんとできるという人が向いています。

メリット

それぞれが、一定額を出し合うので、自分のお金の使われ方が明確になり、不公平感が少なくて済みます。

デメリット

貯蓄についても各自が管理する必要があるので、定期的に話し合ってどのくらい貯蓄ができているのかチェックする必要があります。相手が、しっかりしているから大丈夫と油断していると、ふたりとも満足に貯蓄ができていなかったなんてことも。管理するのは自分自身なのでついつい使い過ぎてしまう危険もあります。

将来のライフプランに合わせた貯蓄はふたりで。
いつまでにいくら必要になるのかライフプランの計画を

ストレスなく家計をやりくりしていくには、どうして1カ月の生活費の金額を決めて管理していく必要があるのか、その意味を考えるといいでしょう。これから先の人生には、マイホーム購入や子どもの教育費、車の購入、家族での海外旅行など大きな金額が必要なライフイベントがたくさんあります。いつまでにいくらくらいのお金が必要かを考えると、前々から計画的に貯蓄をしていかないととても賄っていけません。そうすると、必要なお金を必要な時期までに用意するためには、毎月コツコツ貯蓄をしていくしかありません。そうはいっても、厳密に必要資金を決定して、それを達成していこうとやみくもに貯蓄をしていったら今度は毎月の生活費が足りなくなってしまいます。まずは、1カ月に入ってくるお金の20%は貯蓄に回して、残りの金額でやりくりしていこうと目安を決めるといいでしょう。

貯蓄は収入の20%が最低ラインと心得て

上記のように、一般的に共働きの場合、収入の20%は貯蓄に回せるように家計をコントロールするのが目安といわれています。

世帯収入32万円の例

貯蓄6万4000円20%
固定費12万8000円40%
変動費12万8000円40%

ふたりの収入月額32万円の例

貯蓄は収入の20%が最低ラインと心得て

ただし、子どもが生まれたら妻がフルタイムの仕事を辞める可能性があるという場合は、そこでペースダウンするでしょう。そう思うと、共働きの間に貯蓄の割合をもう少し増やすのも一つの考え方です。携帯を格安スマホに替える、週末しか利用していない車は手放す、保険の見直しをするなど、固定費の見直しをするとラクに出費を抑えることができます。変動費の節約は、食費を抑える、レジャーを我慢するなど、ストレスが伴いますので、目標に向かって長く頑張ることができなくなります。あくまでも日々の生活を楽しみながら上手にお金のやりくりをするように心掛けてください。

関連記事

もっと見る

無料相談を予約する

相談は何度でも無料。お気軽にお越しください!

北海道・東北エリア
札幌 仙台
北陸・甲信越エリア
新潟 長野 松本