共働きカップルのお財布。別々がいい? それとも一緒がいい!?

共働きカップルのお財布。
別々がいい? それとも一緒がいい!?

貯金・家計のやり方って?

「結婚後もしばらくお財布は今までどおり別でいいよね」という人も多いのでは?でも、ちょっと待って! ふたりで使うお金を適当にしていると、ケンカのもとになってしまうことも。そうならないためにも、自分たちに合う財布管理方法を確認しておきましょう。

4つの代表的なお財布管理法

お財布の管理方法には、おもに以下の4種類が挙げられます。

1)どちらか一方の収入ですべて賄う方法
妻か夫のどちらか一方の収入ですべての支出を賄い、もう一方の収入はそのまま貯蓄に回すパターン。ふたりの収入に差がある場合や貯蓄意欲の高い夫婦には、このやり方がおすすめ。

2)お財布を一つにまとめる方法
ふたりの収入をすべてまとめて、そこから各費用を出していくパターン。お小遣いも一定額をそこから支出します。どの項目にいくら使っているのか家計がクリアになるので、妻か夫のどちらかが家計管理を得意としている場合におすすめ。

3)費用項目ごとに担当を分ける方法
夫が家賃・駐車場代・公共料金などの毎月の固定費を支払い、妻が食費や日用品費・レジャー費など流動費を支払うなど、項目別に担当を決めておくパターン。余った金額は各自で自由に管理することができますが、それぞれの収入や支出が把握できないというデメリットも。同じくらいの収入がある共働き夫婦におすすめ。

4)それぞれ一定額を出しあう方法
夫婦で一つの家計用の銀行口座やお財布を作り、お互いが決めた金額を振り込み、そこから必要な家計費を引き落とすようにするパターン。余った金額は各自で管理するため、毎月の貯蓄額も決めておくことがポイント。出し合う金額をお互いに納得して決められれば不公平感も少ないので、収入差がある共働き夫婦におすすめ。

お財布管理成功の秘訣は「ふたりの平等感」

あなたの結婚相手との家計管理に合いそうなタイプは見つかりましたか? どのタイプも、お互いに平等感があるように分担を決めるのがポイント。また、決めた後も定期的に話し合い、見直すことが大切です。
どのタイプが正解ということはないので、まずは結婚相手と話し合い、自分たちに合ったタイプでスタートしましょう。実際に始めてみて、やっぱり違うタイプのほうが向いていると思うようなら、柔軟にやり方を変えて、ピッタリの方法を見つけてください。
重要なのは、早めに話し合いをすること。お金の話は曖昧にしていると、どんどん話しにくくなります。新生活が本格的にスタートする今、きちんと話し合って、結婚後に不満やストレスが出てこないようにしましょう!

From ゼクシィ保険ショップ 『家計管理をスタートしたけど、「ちゃんと貯金できているかな?」と心配な方は・・・』

ゼクシィ保険ショップでは、そんなお悩みをもつお客様のために、「無料 家計診断」というサービスを実施しています!
現在のおふたりがどんなことにお金をかけていて、今後のライフプランを考えると、貯蓄がどれだけ不足しているか、可視化することができるので好評です!



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ