【ふたりの新生活にかかる費用】保険相談・保険の見直しはゼクシィ保険ショップ

新生活準備費用は、
全国平均約72万3000円!

ふたりで始める新生活。家はもちろん、家具や家電など、さまざまな費用がかかります。それ以外にも、家を借りるときには、敷金、礼金が必要ですし、引っ越し費用もかかります。ここでは新婚生活をスタートさせるにあたって、実際どのくらいの金額が必要なのかをご紹介します。

新生活準備にかかる費用リスト

結婚式はもちろん、ふたりの新生活をスタートさせるには家具や家電など生活する上での準備資金がかかります。まずは新生活にかかる費用の全国平均をチェックしましょう。

インテリア・家具の購入総額 40万円
家電製品の購入総額 37万4000円
嫁入り道具としての着物の購入総額 48万6000円
賃貸費用/敷金・礼金(社宅を除く賃貸住居者ベース) 28万3000円
引越し費用(引越し業者を利用した人ベース) 6万4000円
新生活準備費用 72万3000円

出典:ゼクシィ新生活準備調査2016より

  • *1各項目の平均金額は、各費用が発生した人ベースの平均金額です。そのため、各項目の平均金額の合計は総額とは一致しません
  • *2「敷金・礼金」は社宅を除く賃貸住宅居住者ベース
  • *3「引越し費用」は、引越し業者を利用した人ベース

持っているものを上手に活用。購入するのは必要最小限のものだけに

平均の費用総額は72万3000円。インテリア・家具と家電製品で40万円、新居にかかるお金として、賃貸住宅用の敷金や礼金、引越し費用などで18万2000円程度のお金が必要です。でも実際は、家具や家電を新しく購入したものの、「あまり必要がなかった」「使わない機能が多い」などの声もあり、新生活当初は必要最小限のものだけを用意すれば十分なよう。実際に生活する中で、必要に応じて買い足していくのが賢明だと言えます。結婚前、どちらかが一人暮らしをしていた場合、生活必需品で使えるものはそのまま利用すれば、準備費用はぐんとおさえることが可能です。将来マイホーム購入などを検討しているなら、高価な家具などは控えた方がベター。マイホーム購入時に家具を揃えた方が、お金の使い方に無駄がありません。

こだわりたいもの、かけるべきところにはお金をかけよう

必要最小限のもので生活をスタートさせたいとはいえ、「家に帰ってリラックスするためのソファがほしい」など、どうしてもこだわりたいものもありますよね。せっかくの新生活、こだわりたいものに関しては、ふたりで相談して購入してもいいでしょう。かけるべきところにはお金をかけるほうが、満足な新生活がスタートできます。そして、新居への引越し費用や賃貸費用を忘れずに! 賃貸費用は、敷金・礼金を含めて家賃6カ月分程度は用意しておくようにしましょう。



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-4581-9150

ページの先頭へ