結婚したらお金について話し合おう

結婚したらお金について話し合おう

貯金・家計のやり方って?

結婚すると、家計が一つになります。新婚生活のスタートにあたって、ふたりでお金について話しましょう。何にどのくらいお金を使うのか、将来の夢のためにどのくらい貯蓄が必要なのかなど、共通の認識を持っておくことが、結婚生活でストレスを溜めないコツです。

お金の使い方には、人それぞれの価値観がある

たとえ夫婦でも、お金に関する感覚や使い方が違うのは当たり前です。まずはお金に関する話し合いを持ち、お互いどのくらい収入や貯蓄があって、何にお金を使っているかを把握しておきましょう。そのうえで、譲れるところと譲れないところを十分に話し合い、お金の使い方についての方針を立てることが大切。限られた収入の中で、上手にやりくりする工夫も必要です。

ただし、ここで大切なのは、好きなことに対する出費を節約しすぎないこと。「旅行が趣味」なら、旅行にはある程度パッとお金を使い、他の部分で節約するなど、メリハリも必要です。

将来の夢を共有して、貯蓄ライフを楽しもう

マイカーやマイホーム購入など、結婚生活には何かとお金がかかります。将来子どもを持つ場合、一人当たりの子育て費用は1000万円以上とも言われています。
そこで、将来お金に困ることがないよう、どのタイミングでどのくらいのお金が必要になるのか、予算立てをしてみましょう。

「マイホームなのか賃貸か」「将来子供は何人欲しいのか」「老後の貯蓄はどのくらい必要か」など、毎月どのくらい貯蓄すれば、2人の夢を実現できるかをシミュレーションします。
将来の夢がきちんと共有できていれば、少々の節約は苦になりません。ムダな出費を抑え、2人で楽しい貯蓄ライフを送りましょう。

お金のトラブルは夫婦喧嘩の原因に!

新婚カップルの中には、お金に関する話し合いがしにくいという人もいるでしょう。でも、実はお金が原因の夫婦喧嘩はとても多いのです。「自分はこんなに節約しているのに、相手は無駄使いをしている」「小遣いが足りなくて、趣味が続けられない」など、お金についてキチンと話し合っておかないと、どんなにラブラブの2人でも不満が出てきます。

お互いの価値観をすり合わせることは、生涯のパートナーだからこそ必要なことです。「ライフプランを立てながら、マネープランを考える」。これが本当の「初めての夫婦の共同作業」と言えるかもしれません。「お金の話をするきっかけがない」「将来どれくらいお金が必要なのか分からない」という人は、家計の診断なども行ってくれる保険相談などを利用してみても。結婚生活の家計管理を考えるきっかけになります。

From ゼクシィ保険ショップ 『切り出しにくいお互いのお金のことも、ゼクシィ保険ショップで解決!』

新生活が始まった時に、なかなか切り出しにくいのがお金のことです。また、今後のマネープランも話し合わずにいると、あっという間に住宅購入や妊娠・出産などのライフイベントがきてしまうもの。そんな時に慌てないためにも、ゼクシィ保険ショップでプロと一緒にライフプランを描きながら、お金や保険のことを少しずつ考えましょう!



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ