2人のお金にルールを作ろう

2人のお金にルールを作ろう

貯金・家計のやり方って?

これまで別々だった2人のお財布を一緒にするには、ある程度ルールが必要です。昔は妻が財布を握り、夫にお小遣いを渡すパターンが一般的でしたが、最近は夫婦によって家計管理の方法はいろいろ。ここでは代表的なパターンをいくつかご紹介します。

きっちりカップルなら「共同財布パターン」

夫婦でひとつの「家計用の銀行口座やお財布」を用意して、そこにお互いが毎月決まったお金を入金。そこから必要な支出をまかないます。この方法なら「ふたりの口座」という意識になりやすいので、不公平感が少なく、かつお金の流れも把握しやすくなります。夫婦に収入差がある場合は、夫が10万円&妻が6万円など、収入額に応じた割合設定をしてもよいでしょう。

注意したいのは、この「家計用の共同財布」の管理をどちらがするかという点。その都度相談するのは大変なので、事前に「家計用の共同財布」でまかなう範囲を決めておき、ある程度はどちらかが主導権を握るのがよいでしょう。

おおざっぱカップルなら「項目別分担パターン」

固定費は夫の財布から、流動費は妻の財布からなど、項目で分けるパターン。例えば、夫が家賃、駐車場代、公共料金などの毎月の固定費(主に口座振替)を支払い、妻が食費や交際費、お小遣いや貯蓄など、流動費を支払うという方法です。

この方法なら、共同財布パターンのように細かなルールを作る必要がありません。ただし、流動費を担当する方は、月によって支出が変動します。赤字や不公平感が出ないよう、流動費分の出費を随時チェックするなどの工夫が必要です。

また、冠婚葬祭などで出費がかさむ場合は、特例として夫から出してもらうなど、臨機応変な対応ができるとよいでしょう。

From ゼクシィ保険ショップ 『毎月の生活費項目の目安を、アドバイスできます!』

ゼクシィ保険ショップでは、「家賃や水光熱費など、我が家の適正な額がわかりません」、というお悩みをもつお客様のために、「無料 家計診断」というサービスを実施しています!
現在の世帯収入と支出をお聞きし、今後の住宅購入や妊娠・出産などのライフプランを考慮しながら、項目ごとに毎月の目安をお話し、グラフで可視化してお伝えしています!



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ