夫婦のお小遣い、いくらが適正?

夫婦のお小遣い、いくらが適正?

貯金・家計のやり方って?

夫婦といえども個々の人間、自由に使えるお小遣いをある程度持っておくことは必要です。金額はあらかじめ決めておき、お互い使い道は深く詮索しないのが正解。ではそのお小遣いの金額をどのように決めればよいのかを見ていきましょう。

お小遣いの基本は「家計の10%以内」

お小遣いの金額のおおまかな目安は「家計の10%以内」です。夫婦合わせて手取りが30万円の場合は、3万円が夫婦のお小遣いの目安になります。ここで揉めがちなのが、この3万円をふたりでどう分けるかという問題。単純に収入費などで決めてしまうと不満のもとですから、公平感があるようしっかり話し合って決めましょう。

また、妻が専業主婦の場合は夫のお小遣いばかり注目されがちですが、妻のお小遣いもきちんと決めておくことが大切。家計費と妻が個人的に使うお金が一緒にならないようにしておきましょう。

お小遣いの範囲を明確にする

お小遣いは、お互いが自由に使い道を決められるもので、外食代、趣味にかかるお金、嗜好品、雑誌・書籍費、美容にかかるお金などがあげられます。ここで大切なのは、お小遣いに含まれる範囲を決めておくことです。

たとえば夫のランチ代はお小遣いに含めるのか、一食あたりの金額を決めて家計費から別に出すのか。営業用のスーツや靴は、ボーナス時などに別枠を設けて、確保しておくことも必要でしょう。資格取得や英会話などのキャリアアップ費用は、将来的な家計収入の維持・向上につながるものとして、家計費から出す配慮も必要です。「どこまでがお小遣いの範囲か」を話し合い、無理のない決め方をするのが、長続きのコツです。

お小遣いは、定期的に見直そう

家計の収入・支出状況は、時とともに変化しますし、お小遣いとして必要な金額も、趣味の変化や仕事上の立場などによって変わります。一度決めたお小遣いをそのまま維持するのではなく、必要に応じて調整しましょう。

もし家計に余裕があれば、2人共通のお小遣いを持つこともおすすめです。共通の趣味や、外食や旅行にいく場合の費用をまかなう共通のお小遣いを作っておくと、お金のことで気まずくなることもありません。

From ゼクシィ保険ショップ 『切り出しにくいお互いのお金のことも、ゼクシィ保険ショップで解決!』

新生活が始まった時に、なかなか切り出しにくいのがお金のことです。また、今後のマネープランも話し合わずにいると、あっという間に住宅購入や妊娠・出産などのライフイベントがきてしまうもの。そんな時に慌てないためにも、ゼクシィ保険ショップでプロと一緒にライフプランを描きながら、お金や保険のことを少しずつ考えましょう!



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ