ズボラさんでも長続きする、家計管理テク

ズボラさんでも長続きする、家計管理テク

貯金・家計のやり方って?

「結婚してお財布を任されたものの、家計管理がどうも苦手・・・」という人も多いですよね。とはいえ、これからいろいろな夢を実現していくためにも、お金のことは避けては通れない道。ズボラさんでも長く続けられる簡単な家計管理テクで、楽しくやりくりしちゃいましょう。

家計管理ができないと赤字家計に転落!?

家計管理でもっとも大切なのが、入ってくるお金、出ていくお金をしっかり把握すること。しかし、毎月変わる収入や、さまざまな理由で出ていくお金を管理するのは、ベテラン主婦でもラクなことではありません。

特にお金管理が苦手なズボラさんが家計を預かるときは、注意が必要。独身のときのようにどんぶり勘定を続けていると、いつまでたっても貯蓄ができないだけでなく、いつの間にか赤字が膨れ上がってしまうことにもなりかねません。
将来の2人の夢をかなえるためにも、早めに対策を打っておきましょう。

お金の流れを管理する「仕組み」を作ろう

しっかり家計を管理するためには、お金の流れをある程度自動的に管理できる仕組みを作ることが大切です。そこでオススメなのが、まず収入から貯蓄分を先取りしてしまうこと。残ったお金の範囲で生活することができれば、赤字に陥ることなく、貯蓄もしっかり増やせます。

また、残ったお金は費目ごとに予算を分け、その範囲を越えないことがポイント。そのために、

1)固定費
家賃や光熱費、保険料といった毎月ほぼ一定額の出費
2)流動費
食費や被服費など、金額がその月々で変動する出費
3)特別費
冠婚葬祭や旅行など、たまにしかない出費
4)貯蓄

の4つに口座を分け、まずはお給料日に給与口座から1,2に予算分を振り分けてしまいます。3の特別費口座には、ボーナス時などに10万円などある程度まとまった金額を入金しておけばOK。4の貯蓄口座は、自動引き落としで一定額が振り分けられるようにしておくと安心です。

From ゼクシィ保険ショップ 『家計管理のポイントは、”固定費” の把握です!』

「最近貯金が思うようにできない」と感じ始めたら、変動費(被服費や美容費等)を見直して
みるのはもちろんですが、固定費の見直しも必要かもしれません。
固定費の代表選手は生命保険料です。特に独身時代に入ったままの保険などは、
見直すことで家計の節約につながる可能性も。ゼクシィ保険ショップでは、ふたりの家計に
合った適正な保険料をアドバイスさせていただいています。



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ