貯まる秘訣は 「貯金の先取り」にあり!

貯まる秘訣は 「貯金の先取り」にあり!

貯金・家計のやり方って?

「なかなかお金を貯められない」と悩んでいるあなた。もしかしたら、月々余った分を貯金しようとしていませんか? 日々出費が重なるなか、お金が残るのを待っていては、いつまでたっても貯金は増えません。ここでは貯める分を先取りして、しっかり貯金していくテクを学びましょう。

「余ったお金=貯金」がダメな理由とは?

お金に余裕がある家庭はさておき、日々の出費だけで収入が飛んでしまうという人も多いと思います。このため、余ったお金で貯金をしようと思っていると、いつまでたってもお金は余らず、当然貯金も増えません。収入が増えたらお金が余るかというと、実はそうでもないのが現実。結局は支出が増えてしまい、お金はなかなか余らないことも。

手取り収入の10~20%を先取りしよう

確実にお金を貯めるための最良の方法は、収入から貯金分を先取りしてしまうことです。片働き家庭で手取り収入の10%、共働きの家庭で20%程度を目標にし、収入から先に引いてしまいます。ここでのポイントは、自動的に貯蓄が先取りされる仕組みを作ってしまうこと。

たとえば大手都市銀行には、指定日に指定額を自動的に普通口座から貯蓄口座に振り替えてくれる自動振替サービスがあります。これを利用すれば、毎月一定額が自動的に貯まっていくので便利です。

また、勤務先で社内預金や財形貯蓄などを利用できるなら、これを活用するのも手。毎月一定額が給与から自動引き落としされるので、確実に貯まります。

まずはいくらくらいを目標に貯めるべき?

貯金を始めるときに悩むのが、どのくらいを目標にするかということです。あまり大きな目標を設定しても、実現できずに諦めてしまいがち。そこでまず、年収の半分くらいを目標にしてみてはいかがでしょう?

たとえば年収が300万円の家庭なら、150万円が目安。これくらいの蓄えがあれば、ふいの大きな出費にもある程度対応することができますし、万一世帯主がリストラなどにあってしまったときも、再就職まで何とか持ちこたえることができます。ある程度の貯まったら、マイホーム購入や教育費など、目的別の貯金も計画的にスタートしてください。

From ゼクシィ保険ショップ 『毎月の貯金額の目安を、アドバイスできます!』

ゼクシィ保険ショップでは、「我が家の適正な貯金額がわかりません」、というお悩みをもつお客様のために、「無料 家計診断」というサービスを実施しています!
現在の世帯収入と支出をお聞きし、今後の住宅購入や妊娠・出産などのライフプランを考慮しながら、毎月どのくらいの貯金額がおすすめなのか、グラフで可視化しつつお伝えしていますよ!



お知らせ

現在のお知らせはありません

取り扱い保険会社

※以下50音順
  • アクサ生命
  • アクサダイレクト生命
  • あそしあ少額短期保険
  • アフラック
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 損保ジャパン日本興亜
    ひまわり生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • フコク生命
  • マニュライフ生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 三井生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命
  • ライフネット生命

店舗一覧

北海道・東北
札幌 | 仙台
関東
銀座 | 銀座キラリト | 新宿
池袋 | 立川 | 横浜 | 大宮
千葉
北陸・甲信越
長野 | 松本
東海
静岡 | | 名古屋駅
関西
梅田 | なんば | 京都河原町
神戸
中国・九州
広島 | 岡山クレド
博多駅前 | 天神
小倉 | 長崎
大分

募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ