おめでた婚のマネープラン

おめでた婚のマネープラン

新生活でかかる お金はいくら?

「おめでた婚」の方は、生まれてくる子どものために、親となる自分たちの保険の見直しや、将来かかる教育費の把握などを早めにしておくと安心。 新しく迎える家族のためにも、今から少しずつ将来のマネープランを考えておきましょう。

まず、親となる自分たちの保険を見直しましょう

もし世帯主に万が一のことがあったとき、収入が無くなります。しかし、小さい子どもを抱えた配偶者は、すぐに働くことができませんね。イザという時のため、まずはお葬式代と当面の妻(夫)子の生活費、子どもの教育費を、死亡保障で確保できる保険でしっかり備えておきましょう。
また、世帯主が病気やケガで入院したときのことも考えておきたいもの。ふいにかかる医療費から家計を守るために、医療保障も備えておく必要があります。

次に考えたいのが、妻の保険です。妊娠・出産時には重度のつわりや切迫流産、切迫早産などのリスクがあるため、妊娠が分かる前に医療保険に入っているとベスト。
もし妊娠が分かってから医療保険に加入したい場合、妊娠27週目を過ぎると、加入できる保険が限られてしまう場合もありますので、なるべく早く保険のプロに相談してみるのがよいでしょう。

子どものためのお金の準備も考えよう

子どもが生まれたら、次は子どものためのお金の準備です。子どもの教育費に備えるためには、子ども保険(学資保険)に加入するという選択肢があります。目的が子どものためと明確なので、家計が苦しいときでも取り崩しにくいというメリットがあります。

ただし、親の死亡保障や子どもの医療保障などが付いている子ども保険の場合、払い込んだ保険料に対して受け取れる給付金が下回る、いわゆる元本割れするものもあります。保険を選ぶときは、加入する目的や自分たちの家計、ライフプランに合ったものを検討するようにしましょう。

From ゼクシィ保険ショップ 『妊娠~出産まで、保険でママ・赤ちゃんを守ることができます!』

「帝王切開だったから、医療保険に入っていてよかった」などのお話を周りで聞いたことはありませんか? 妊娠・出産は病気ではないものの、お身体の状況や治療によっては、医療保険の給付金の対象となるパターンがあります。 家族が増えると必然的に出費が多くなりますので、保険のプロに相談しながら、早めに対策を考えておきましょう。



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ