【賃貸と持家のメリット・デメリットについて】保険相談・保険の見直しはゼクシィ保険ショップ

持ち家と賃貸、どっちがおトク?

結婚したら、やはり気になるのが家のこと。今までどおり賃貸に住むのがトクなのか、それとも購入してしまった方がトクなのか…。気になる賃貸と持ち家のメリット・デメリットについて考えていきましょう。

持ち家はクオリティの高さと安心感で人気

考える夫婦(吹き出し「持ち家?賃貸?」

持ち家のメリットは、何と言っても賃貸住宅よりも間取りの広さと、建物のクオリティの高さにあります。また、自分の持ち物ということで、増改築やリフォームなどがある程度自由に行えるのも魅力。さらに、住宅ローンを払い終えれば「家という財産が残る」という安心感もあります。

一方で、デメリットとしてあげられるのは、住み替えのしにくさ。若い新婚カップルの場合、人事異動などの理由で、転居しなくてはいけない可能性も少なくありません。マイホームを離れるときには

  • 売却する
  • 賃貸に出す

という2つの選択肢がありますが、①の場合、売却価格が住宅ローン残高を下回るときは、その差額を現金で埋めなければ売却することができません。また②賃貸に出す場合も、月々支払う住宅ローンや維持費、管理費をカバーできるだけの賃料で貸し出せるかが問題。「いざとなったら売ればいい、貸せばいい」という考えでは、後々痛い目に合う可能性もあるのです。

賃貸はいつでも引っ越せる身軽さが魅力

マンションと一戸建て

「家賃は捨てるようなもの」、という人もいますが、そうとも言い切れません。賃貸住宅は住まいのクオリティでは持ち家にかないませんが、いつでも好きなときに引っ越しができるというメリットもあるのです。また家族が増えたときなど、ライフステージの変化によって気軽に住み替えができるのも、賃貸のメリットといえます。

一方デメリットとしてあげられるのは、間取りや建物のクオリティが持ち家と比較して下がってしまうこと。同じく月々10万円を住宅費にかけた場合、やはり持ち家の方が住まいの質が高くなります。

「結婚当初は賃貸」という選択肢もあり?

このように賃貸と持ち家は、各々メリット・デメリットがあり、どちらがいいとは言い切れません。金銭的な比較が紹介されていることも多いですが、細かい条件しだいで試算結果は大きく変わるため、どちらがトクとは言いにくいのです。

結局、どちらを選ぶかはその人の状況しだい。ただし新婚当初は、まだ今後の生活に不確定要素が多いですし、収入も安定しないもの。初めは賃貸でスタートして、しっかり頭金を貯めたあとに、マイホーム購入を検討するというのも1つの手といえそうです。

家計のムダが気になる人は

ゼクシィの保険相談で家計簿診断を受けて、削れる費目をチェックしてみてはいかがでしょうか?費用項目ごとにファイナンシャルプランナーが推奨する金額との比較もできるので家計の見直しもしっかりできます。

入力簡単 無料相談予約へ

ゼクシィ保険ショップについて



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-6417-9150

ページの先頭へ