新婚カップルにはどんな保険が必要?

新婚カップルにはどんな保険が必要?

“保険”って何から 考えたらいいの?

結婚前後には、夫婦に必要な保障を準備できているか、2人の保険の点検が必要です。今回は、新婚夫婦にとって必要な保険について考えてみましょう。

結婚したらパートナーのための死亡保障を準備しよう

自分に万一のことがあったとき、パートナーが生活費などのお金でどれくらい困るかをイメージしてみると、死亡保障の必要性と、どれくらいの保障を用意すればいいかが見えてきます。

共働きの間は夫婦のどちらかに万一のことがあっても、生活に困ることはないと思われますが、お葬式代やお墓代などのためには、ある程度まとまった金額が必要。パートナーに迷惑をかけないためにも、夫婦ともに最低限の死亡保障を準備しておくと安心です。

また、働いていた妻が出産を機に専業主婦やパート勤務になるケースもあります。妻の収入が安定するまでの間の生活費分を、夫のお葬式代・お墓代にプラスして死亡保障を準備するのも一つの手です。

夫婦ともに医療保障は一生涯確保を

もしも夫婦のどちらかが、病気やケガで入院してしまったら、医療費負担が家計を圧迫します。新婚で、まだ貯蓄が十分に貯まっていない状態では、家計が受けるダメージはより深刻でしょう。そんな事態に備えて、夫婦ともに医療保障は確保しておきたいもの。

医療保障には、保障が一定期間に限られる定期タイプと一生涯続く終身タイプがありますが、医療保障は高齢になるほど必要性が高まるので、終身タイプで一生涯をカバーしておいた方が安心です。

シングル時代に加入した保険は見直しを

シングルのときに加入した保険も、結婚前後には見直しが必要です。シングルのときの保険は、あくまで自分のための保険。夫や妻のための保障は考慮されていないのです。

もし、保障が多すぎたら、多い分はムダな保険料を払っていることになりますし、逆に保障が少なすぎると、万一の死亡や突然の入院のときに十分な保障が受けられなくて困ることに。また、死亡保険金の受取人の名義を親のままにしておくと、万一のとき、パートナーが死亡保険金を受け取れないかもしれません。

まだ、見直していない人は、保険の名義変更を含めて、なるべく早い時期に見直しをしましょう。

From ゼクシィ保険ショップ 『保険は健康なうちこそ加入できるもの!見直しは早めに。』

加入や見直しを考えながらも後回しにしている人は、まずはお金のプロに無料相談をしてみるのがおすすめ!ゼクシィが運営している保険代理店の「ゼクシィ保険ショップ」の無料相談にぜひ足を運んでみてくださいね。保険の仕組みや基礎知識からレクチャーするので、内容がわかりやすいと好評です。



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび LN-RT-11730-9150

ページの先頭へ