専業主婦ですが、保険は必要ですか?

1.生命保険全般に関する質問

Q:専業主婦ですが、保険は必要ですか?

収入がない専業主婦であっても、生命保険(死亡保障・医療保障)は必要です。たとえば、子どもが小学校に上がる前に母親に万が一のことがあった場合、次のような事態が想定されます。
●保育園や託児所を利用する
●父親が時短勤務などの措置を取り、仕事量を減らす
●父親が仕事を在宅勤務等ができる内容に変更する

つまり、保育のために支出が増え、収入が減るのです。

また、父子家庭には母子家庭にあるような手厚いサポート制度を設けていない自治体が多く、国の援助も適用されない場合がほとんどです。また、慣れない家事作業の効率化を図るため、食事の宅配サービスを利用したり、ホームヘルパーを利用したりするなど、日々の生活にかかるお金も増える傾向にあるようです。 しかも、妻が亡くなってもほとんどの場合、残された夫は遺族年金の受給対象になりません。

残された家族の生活保障を考えると、つい一家の収入を支える父親の万一ばかりを想定しますが、子どもがいる家庭の場合は、子どもの養育のための費用を準備しなければならないので、専業主婦にも1,000万円程度の死亡保障は必要でしょう。また、家をあずかる主婦が、病気で入院したりする場合も家計への負担が一時的に増えるので、医療保険もあわせて加入しておくと安心です。

1.生命保険全般に関する質問

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ