万が一を考える、医療保障

「万が一」のときに備えるために 医療保障はいくら必要?

必要な保障額はいくら必要でしょうか!? 突然、そう言われても何を目安に計算すればいいのか分からない……。入院費や手術費などの医療保障がいくら必要なのか?を考えてみましょう。

医療保障で必要な保障額を考える

入院費・生活費

突然の病気やけがなどに備える保険が医療保険です。病気やけがなどで入院した場合、1日あたりかかる費用はだいたい5,000円~1万円ほど。
ちなみに、がん保険のみに加入している場合は、がん治療のみが保障の対象となるため、保険料が安めです。女性の3人に1人が、がんになると言われている(財団法人がん研究振興財団 がんの統計'11)。
一方、先進治療を受ける場合には高額の治療費がかかってしまう場合もあります。そのため、がんが気になる人は保険を検討しておくといいでしょう。 個室などに入る場合にはさらにベッドの差額分が生じてきます。長期入院の場合になるとプライバシーが守られないのは辛くなります。
自分のことを振り返り、十分な備えを検討しておくのがオススメです。

入院したとき、どんなお金が必要なの?

万が一に備えるには



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ