年代別!押さえておきたい生命保険の選び方とは

年代別!押さえておきたい生命保険の選び方とは

どんな生命保険に入ればいいのか、それはライフスタイルによって変わってきます。

死亡保障は自分に万一のことがあったとき、遺族が生活に困らないよう準備するものです。独身のときは多くの保障は必要ありませんが、結婚して家族が増えれば抱えている責任の重さが違うので、公的制度や貯蓄でカバーしきれない部分を生命保険で備える必要があります。

ここでは20代・30代・40代・50代・60代別に 生命保険の選び方のヒントをご紹介します。

20代の生命保険の選び方

独身のうちは、死亡保障については葬儀費用があればOKですので、大きな保障はいりません。しかし、病気やケガをした場合に、入院給付金を受け取れる医療保険は加入を検討しておきましょう。社会人になって間もないころは、貯蓄も十分にないことが考えられます。いざという時困らないように考えておきたいものです。

20代で結婚した場合は、配偶者のことを考えて、死亡保障のついた生命保険への加入も検討してください。共働き家庭なのか、専業主婦(夫)家庭なのかで、必要な保障額は変わってきます。万一のことがあった場合に、配偶者が生活していけるだけの金額は残したいですよね。自営業者の場合は、会社員より社会保障が手厚くないので、民間の生命保険でしっかりとした備えを確保しましょう。

妊娠・出産を考えている女性は、できるだけ早いうちに医療保険に加入することを検討しましょう。妊娠中や出産直後は、医療保険への加入を断られるケースがあります。
そのため、妊娠前に医療保険を検討しておくことをおすすめします。

いざというとき、きちんと保障を受けられるよう、健康に自信があっても早めに対策を考えるよう心がける必要があります。

30代の生命保険の選び方

結婚し、子どもが産まれれば、必要な死亡保障額も増えます。すでに生命保険に加入している場合は、死亡保障額に養育費や学費を足して、備えておきましょう。子ども誕生後は育児で忙しくなるので、出産前に見直しをするのがおすすめです。

家を購入して住宅ローンを組んだ人は、ほとんどが団体信用生命保険に加入することになります。これは契約者に万一のことがあった場合、保険金がローンの残債返済に充当される仕組みです。
世帯主に万一のことがあっても、家は残り、住宅ローンはなくなるので、すでに加入している生命保険の死亡保障額を減額することができ、保険料を安くすることができます。


20代~30代は、多くの人が子供の誕生、住宅の購入などでライフスタイルが激しく変わる時期です。その都度、生命保険を見直し、加入しすぎている、あるいは保障が少なすぎるという事態に陥らないよう注意しましょう。

医療保険については、女性特有の病気に手厚い保障のついた女性向け医療保険があります。保険期間の途中で一時金がもらえたり、葬儀費用程度の死亡保険金がもらえたり、あれこれ迷わなくても、ひとつで女性がほしい保障やサービスが手に入りやすいのが魅力的です。

30代に入ると、若い時は健康に自信のあった人でも、不調を感じやすくなります。特に女性特有の病気である子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫は20代よりも30代の方がかかりやすくなり、当然入院する機会も増えるでしょう。卵巣は「沈黙の臓器」と言われ、病気になっても自覚症状が出にくいため、自己管理が大切です。いざというとき、保障を受けられるよう保険で備えておいた方がいいでしょう。
高齢出産になると切迫早産や帝王切開のリスクも高まりますが、女性向け医療保険に加入していれば、それらに伴う手術でも保障を受けることができます。

ただし、保障が手厚い分、保険料も割高になるので、保障内容が本当に必要かどうか、よく吟味してから加入を検討してください。

40代の生命保険の選び方

40代は教育費や住宅ローンが家計を圧迫する時期です。死亡保障は必要ですが、年齢とともに保険料が高くなるので、負担も大きくなります。子供が成長するにつれて、必要な保障額も減るため、積極的に保険の見直しをしてコストダウンに努めましょう。
自分で都度保険を見直し、減額するのが面倒な方には、保障額が自動的に下がっていく逓減保険という商品もあります。

死亡保険金を遺族の生活保障として考える場合は、死亡保険金を年金で受け取る収入保障保険もあります。収入保障保険は掛け捨てですが、定期保険よりも保険料が安いため、保険料をできるだけ抑えたい40代には魅力的な保険ではないでしょうか。

また、40代になるとがんなど健康上のリスクも気になるところ。保険料は抑えたいけど、しっかりとした保障を受けたいという場合は、がん保険がおすすめです。がん保険は保障対象をがんに絞っているため、医療保険より安い保険料にもかかわらず、保障が手厚いのが特徴です。入院・手術以外に、診断や通院などが給付金の対象となるケースが多い商品です。
最近は、持病があっても加入できる医療保険が増えましたが、健康な方と比べて保険料は割高になったり、支払い条件が厳しくなるなどのデメリットがあります。
ぜひ健康なうちに保険に加入することを検討してみてください。

50代の生命保険の選び方

家庭によっては、子どもたちが独立し、生命保険についても大きな死亡保障は必要なくなります。一方、最近は晩婚化が進んでいるので、教育費や住宅ローンの支払いが続いている家庭もあるでしょう。両親の介護も始まり、費用面での負担はまだまだ大きいです。

健康への備えとして、医療保険・がん保険への加入は、40代から引き続き継続したいものですが、自身の老後資金を考えて、個人年金保険への加入もおすすめです。十分な公的年金があてにできないこれからの時代、老後の生活を支える方法のひとつとして、注目されています。

個人年金保険にはさまざまな種類があり、契約時に受け取る年金が確定している定額タイプと運用の結果で受け取る年金が変わる変動タイプがあります。
受け取り方も5年、10年といった決まった期間受け取ることができる確定年金や、生きている限りずっともらえる終身年金があるのが特徴です。

投資や運用が苦手、まとまったお金があっても計画的に使えないという方は、まとまったお金を分割して受け取れる個人年金保険が向いています。このような保険商品を利用して、老後資金を準備してみてはいかがでしょうか。

60代の生命保険の選び方

定年退職後の人生設計を考えて、老後資金がいくら必要になるのか計算しておきましょう。生命保険文化センターが平成25年度に行った「生活保障に関する調査」によると、夫婦2人の場合、ゆとりのある老後生活費は月35万4000円です。

70代、80代になると、健康への不安も強まっていきます。定年退職時に、今後の10年、20年をイメージして、保険も見直しをするといいでしょう。年齢を重ねてから病気やケガをした場合は、入院が長引くケースもあります。現在加入している医療保険も、できるだけ継続することをおすすめします。

子どもがすでに独立していれば、大きな死亡保障は必要ありませんが、配偶者の生活の質を落とさないためにも、一定の保障は残しておいたほうがよいでしょう。相続のことも考える機会が増えるので、加入している保険はすべて把握し、必要のないものは整理するようにしてください。

生命保険の選び方は、ライフスタイルの変化や年齢に応じて、変わってきます。ライフスタイルが変化したときに、生命保険を見直すことで、多すぎる保障をカットしたり、少なすぎる保障に気付くことができるのです。

長い人生の中では、子どもの誕生、マイホームの購入といったイベントから、年を重ねれば病気のリスクもあります。その時々に応じて、自分に必要な保障や生命保険は何なのかを考えることで、いざというとき、家族や自分のお金を守ることができます。

面倒くさいからといって後回しにするのではなく、早いうちから生命保険への加入を検討し、備えておきましょう。



お知らせ

現在のお知らせはありません

取り扱い保険会社

※以下50音順
  • アクサ生命
  • アクサダイレクト生命
  • あそしあ少額短期保険
  • アフラック
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • 住友生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 損保ジャパン日本興亜
    ひまわり生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • フコク生命
  • マニュライフ生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 三井生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命
  • ライフネット生命

店舗一覧

北海道・東北
札幌 | 仙台
関東
銀座 | 銀座キラリト | 新宿
池袋 | 立川 | 横浜 | 大宮
千葉
北陸・甲信越
長野 | 松本
東海
静岡 | | 名古屋駅
関西
梅田 | なんば | 京都河原町
神戸
中国・九州
広島 | 岡山クレド
博多駅前 | 天神
小倉 | 長崎
大分

募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび RT-00041-1809

ページの先頭へ