雇用形態が変わった時の保険の選び方

ケースごとのお悩みにアドバイス! お悩み別保険の選び方 雇用形態が変わった編

正社員や自営業、フリーターなどの雇用形態が変わると、社会保障の中身も変わるのをご存じでしょうか。ここでは、雇用形態が変わったときには、どんな点に気をつけて保険を選ぶべきか、をご紹介します。

過不足がないかをチェック! 雇用形態が変わったら保険も見直しを

右向きの先生

ライフステージ別選び方 働き方が変わった編でもご紹介しましたが、公的年金にしても健康保険にしても、会社員や公務員のほうが手厚い内容になっています。これまで保険に加入したときには、これまでの年収や生活レベルなどをベースに保障額を計算し、それに適した保険に加入しているはずです。ですが、会社員や公務員から自営業やアルバイトになると、社会保障の内容がこれまでのような手厚いものではなくなってしまいます。それに仕事を変えると、収入にも変化があるのでそこで必ず不足分が出てくるはずです。


また逆の場合、つまり自営業やアルバイトから会社員や公務員になれば、これまでの保障額では多すぎるかもしれません。収入が減った場合には、月々の保険料も負担になります。保険をいったん減らすと、これまでの掛け金がムダになってしまう場合もあるので確認が必要ですが、月々掛けている保険料を下げることもできるのです。保険はなんだか難しくてよく分からないという人はゼクシィ保険ショップにご相談ください。

お悩み別保険の選び方



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ