学資保険と貯蓄ってどっちがお得?

ケースごとのお悩みにアドバイス! お悩み別保険の選び方 学資保険編

人生のなかでもお子さんが生まれた場合に、大きく家計にのしかかってくる教育費。ここでは子どもの将来に向けて、教育費を貯める場合に学資保険がいいのか、それとも貯蓄がいいのかについてクローズアップしていきます。

低金利時代だから利率のいいほうを選ぶべし

今のような低金利の時代は、貯蓄を活用して将来に備えるのは難しく、金利が高ければ、貯蓄で将来に備えるメリットはありますが、1~2%という低金利ではお金を効率よく増やすことはできません。


そこで、教育費の備えとして昔から加入する人が多かったのが、学資保険(こども保険)です。

特に最近、注目が集まっているのは、学資保険の本来の目的である教育資金を積み立てることを重視し、医療保障や死亡保障が付いていないタイプのもので、中には返戻率が100%を超える商品もあります。
つまり、支払った保険料よりも満期保険金(満期学資金)と祝い金の金額が上回るということです。さらに、保険契約者である世帯主に万が一のことがあった場合には、保険料の支払いは免除されるというメリットも。
学資保険のなかには、返戻率の高い商品もあるので今すぐ チェックしてみましょう。


ほかにも低解約返戻金型終身保険の商品に積立利率変動型というタイプがあります。
これは、市場金利が上昇すれば一定の基準によ り解約返戻金も増えるというもの。“変動”といっても、通常のタイプと同程度の解約返戻金が最低保障されているので、学資保険の代わりに利用されることも あります。

幼稚園から高校3年までの15年間の学習費総額

知っておきたい保険の基礎知識



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ