妊娠中の人にプロがおすすめする保険商品

妊娠・出産でかかる費用はいくら? 妊娠している人向けの保険

新たな命を授かったら、定期検診や入院、生むときの分娩費用など、いろんな費用がかかります。万が一、帝王切開などをした場合でも保険に加入していれば、保険料でまかなうことができますが、妊娠中の場合には条件が付いたり、加入できない場合があるので要注意!

異常分娩の場合、別途費用がかかる!万が一のときのために、早めに検討を

現在、少子化対策のため、お住まいの地域や、ご家庭の所得によって、検診の費用が補助される場合もあります。入院や分娩など何かと費用がかかりますが、入院・分娩費用も正常分娩なら、出産育児一時金でほぼまかなえます。万が一、帝王切開やツワリ入院のときには保険に加入していなければ、別に費用がかかるのです。

ですが、妊娠してからは保険に加入するのが難しくなるので要注意です。保険に入る前には、健康状態を保険会社に伝えて、審査を受けます。妊娠している場合、妊娠や出産を原因とする、手術や入院では給付金が出ないという条件をつけられたり、ケースによっては入れないことも。意外と知られていないのですが、異常分娩の場合は治療行為扱いとなり、費用が別途かかります。でも、保険に加入していれば、給付金でまかなえるので早めに加入するのがオススメです。

妊娠・出産のお金はいくらかかる?

わたしにおすすめの保険は?



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ