子供が生まれた時の保険の選び方

人生の節目には保険を見直しましょう ライフステージ別選び方 子ども出産編

新生活が始まって、妊娠が分かったら、もう一度保険の見直しが必要です。
子どもは大きくなればなるほど、塾代や習い事、大学と教育費がどんどんかかってきます。そのときの年収だけでまかなえない分をどうするのかを考えましょう。

子どものために“備え”を検討する

子どもが生まれた後の保険とは

子どもが生まれたら、また家族にかかってくるリスクは変わります。夫婦どちらかに万が一のことがあれば、残された家族に経済的負担もしくは育児、家事などの負担がのしかかります。
それでなくても精神的ショックが大きいのにお金の心配までしたくはないのではないでしょうか。

それに子どもは成長すればするほど、習い事や受験と教育費がどんどん必要になります。たとえ家族全員が健康だったとしても、そうしたものにもちゃんと備えておきたいものです。

学資保険への加入が一般的ですが、万が一に備えて、夫の保険に逓減型(ていげんがた)の定期保険(保険期間20~25年、保険金額1200万~1500万円程度のもの)を追加する、もしくは収入をカバーできる収入保障保険に加入することなどを検討するといいでしょう。

子どもが生まれたとき、検討すべき保険内容

1 家計の稼ぎ頭の収入をカバーできる保険を考える。

2 子どもに万が一のことがあった場合を検討する。

 (ただし経済的負担になることはあまりない)

3 子どもの病気やケガなどの備えを考える。

4 子どもの将来のために学費を貯める。

知っておきたい保険の基礎知識



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ