子供が独立した時の保険の選び方

人生の節目には保険を見直しましょう ライフステージ別選び方 子どもの独立編

子どもが結婚や就職などで経済的にも独立したとき、子どもを養育するためにかけていた保障や自分たちの老後の資金について、見直しが必要になります。ここでは子どもが独立したときの保険の選び方についてご紹介します。

子どもが巣立てば、何が変わる?

子どもが独立後の保険とは

子どもが独立すれば、教育費や生活費など、かかるお金も減ります。これまで子どもの養育のために加入していた生命保険も不要となる場合が多いでしょう。
また、子どもが独立する年齢になるということは、親も同じように歳をとるということ。生活習慣病などの病気も心配になってきます。

そのため、手厚い死亡保障ではなく、高齢者でも利用しやすい医療保険に加入するなど、見直しするのがオススメです。また、保障額の見直しもしてみるといいでしょう。

平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」(生命保険文化センター調べ)によると、夫婦の老後生活資金として公的年金(厚生年金、国民年金など)以外に 必要と考える資金額を調査したところ、世帯主が60 ~64 歳の間の平均額は月額20.1 万円、65 歳以降では月額16.0 万円となっています。

必要な生活資金が減れば、保障額を少なくして、保険料を減らすのも一つの方法です。

子どもが独立するとき、検討すべき保険内容

1 子どもにかけていた生命保険で不要なものがないかチェックする。

2 老後の資金は十分か、再検討する。

3 今後の生活で必要な保障額を見直す。

4 不要な保障分は減らして、老後に回す。

知っておきたい保険の基礎知識



お近くの保険ショップに今すぐ保険相談(無料)を予約!

 都道府県から無料で保険相談ができるショップを探す

0120-0941-25

ゼクシィ保険ショップの保険相談(無料)WEB予約



お知らせ

現在のお知らせはありません

取り扱い保険会社

※以下50音順
  • アクサ生命
  • アクサダイレクト生命
  • あそしあ少額短期保険
  • アフラック
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 損保ジャパン日本興亜
    ひまわり生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • フコク生命
  • マニュライフ生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 三井生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命
  • ライフネット生命

店舗一覧

北海道・東北
札幌 | 仙台
関東
銀座 | 銀座キラリト | 新宿
池袋 | 立川 | 横浜 | 大宮
千葉
北陸・甲信越
長野 | 松本
東海
静岡 | | 名古屋駅
関西
梅田 | なんば | 京都河原町
神戸
中国・九州
広島 | 岡山クレド
博多駅前 | 天神
小倉 | 長崎
大分

募集代理店 株式会社リクルートゼクシィなび

ページの先頭へ