12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

家計のやりくり

HOUSEHOLD

3分でわかる!保険のキホン

3分でわかる!保険のキホン

保険は複雑でわかりにくいからと、加入や見直しを先送りしていませんか? 備えがないままもしものことがあれば、その後の生活に大きく影響します。ここでは新婚カップルに最低限知っておいてほしい、保険のキホンを紹介しましょう。

新婚カップルに必要なのは「医療保障」と「死亡保障」

新婚カップルに必要なのは「医療保障」と「死亡保障」

「保険は種類がありすぎて、どれを選べばいいのかわからない」という人も多いですよね。そんなときは、次の2つの保障に絞って考えてみることから始めましょう。

  • 入院・手術に備えるための医療保障
  • パートナーにお葬式代で迷惑をかけないための死亡保障

医療保障が備えられる保険は「医療保険」。保障期間のタイプとして保障が加入後10年間や80歳までなど一定期間に限られる定期型と、一生涯の保障がある終身型の2つがあります。病気やケガの不安は生涯続くため、保障も一生涯続くものが安心です。

死亡保障を目的とする保険にはいくつかの種類がありますが保障期間が一定期間に限られる掛け捨ての定期保険や収入保障保険なら、保険料を抑えて大きな保障を確保することができる可能性があります。お葬式代程度の少額の死亡保障を確保するには、この定期保険から考えてみるのも良いでしょう。

必要な保障額はどう考える?

保険に入る目的のトップは「万一のときの備え」

次に、必要な保障の額を見ていきましょう。まず医療保障は、公的健康保険の自己負担分と入院でかかる諸雑費をカバーできればひとまずOK。夫婦ともに、終身型医療保険で、入院日額5000円~1万円を目安にしてみては。

一方、死亡保障の額は、自分に万一のことがあったときのパートナーの生活を考えて決めます。共働きの夫婦なら、お互いに自分のお葬式代を賄える300万円~500万円程度の保障があればよいでしょう。妻が専業主婦・パート勤務の場合は、夫の死亡保障は、お葬式代+妻の生活再建資金で保障額を決めます。子どもができたら、死亡保障を中心に見直しが必要です。

保険加入には優先順位がある

保険加入には優先順位がある

月々支払える保険料には限りがあります。このため、保険に加入するときは、どの保障から確保していくかの優先順位を考えることが大切。

新婚カップルは、死亡リスクは低いので、まずは夫婦の医療保障を優先的に確保。次に、世帯主の死亡保障、配偶者の死亡保障の順に確保していきます。

結婚早々に子どもができた場合は子どものための保障を確保しないといけなくなるため、世帯主の死亡保障が優先順位のトップに。ついで夫婦の医療保障、配偶者の死亡保障という順で確保していきましょう。

関連記事

もっと見る

セミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら