0120-0941-25 12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝)
無料相談予約をする

保険の見直しや基礎知識

Learn the insurance

収入保障保険の比較方法

収入保障保険(生命保険)とは

収入保障保険とは

収入保障保険とは、定期保険の死亡・高度障害に関する保険金を分割して受け取るタイプの生命保険です。 入院や手術で保険金が支払われたり、がんや3大疾病の保障があるものはすべて特約です。収入保障という名称は、 保険金が毎月お給料(収入)のように支払われるとことからきており、保険会社によっては家計保障保険、 家族収入保険と呼ばれることも。保険金は、加入時に決めた期間中、保険対象者が亡くなった月から支払われます。 保険開始から間もない時期に亡くなれば、保険期間満了まで時間があるので長期間受け取ることができますし、 保険期間満了間近に亡くなった場合は受け取る期間が短いため、保険金総額は少なくなります。このように、収入保障保険は、 時間の経過とともに保障が徐々に減っていくので、保険料も割安であるというメリットもあります。

おすすめしたい方

収入保障保険は、死亡や高度障害状態になったとき、保険金受取人に年金として支払われる契約です たとえば小さな子どもがいるが貯蓄がない家庭や、小さな子どもがいるが収入が低い家庭などにはおすすめです。 このタイプの家庭は、収入が途絶えると生活ができなくなるため、分割して保険金が受け取れる収入保障保険が役立つでしょう。 また、住宅を購入したなどで貯蓄がなくなり、今後貯蓄をしていきたい家庭にも。 収入保障保険は保障が徐々に減っていく保険ですから、万が一に対する備えを保障から貯蓄へとシフトできるため合理的です。 ほか、金融機関以外からお金を借りて住宅を購入したケースにもおすすめ。通常、金融機関からお金を借り入れた場合、 団体信用生命保険への加入を求められますが、親などから資金援助を受けて返済していく場合は団体信用生命保険には加入できません。 こんなとき、返済期間に合わせて保険期間を設定すれば、ローンの残高に合わせるように保険金額も減っていくため合理的と いえるでしょう。

商品の傾向

収入保障保険の特徴は、現在高額な死亡保障が欲しい人にとって保険料が安いこと、保険金をまとめて受け取らないので、 使ってしまうことがないことです。ただし、掛け捨ての保険ですから、支払った保険料はほとんど戻ってきません。 また、死亡したとき以降、契約時に定めた満期まで年金が受け取れます。年金を受け取れる回数はいつ死亡するかによって変わります。 受け取り回数には最低保障があり、満期までの年金受け取り回数が最低保障に満たない場合でも、満期まで年金を受け取れます。 保険期間中の死亡時期に関係なく、契約時に定めた回数の年金を受け取れるものもあります。 これらの主契約を取り扱っていない生命保険会社や、これら以外の主契約を取り扱っている生命保険会社もありますので、 確認が必要です。また、生命保険会社によっては、特別な保険料の割引が適用される場合があります。 まずたばこを吸わない人、太っていない人。これは、健康に対する意識の高い人に対しては保険料を安くしましょうという 目的でしょう。たばこや肥満が直接健康に影響することはないかもしれませんが、病気になる確率が高いのは事実。 ほか、ゴールド免許(自動車)の人に対しても保険料の割引が適用される場合があります。

そのほかの保険タイプの比較方法

関連記事

もっと見る

おすすめのマネーセミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら