0120-0941-25 12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝)
無料相談予約をする

家計のやりくり

HOUSEHOLD

お金が貯まる夫婦に! 賢い貯畜の方法とは?

お金が貯まる夫婦に! 賢い貯畜の方法とは?

将来のためにも計画的に貯蓄をしたい。でも日々のやりくりだけで精いっぱいでお金が貯まらない。そんな悩みを抱える夫婦はたくさんいます。しかし一方で、若いうちから計画的に貯蓄をして数百万円を貯めている夫婦もいます。この違いは貯蓄をするための3つのポイント、「心掛け」「テクニック」「見直し」を押さえているかいないかなのです。今回はお金を貯めるために必要なこれらのノウハウについてご紹介します。

貯蓄をする方法1.心掛け編

まず貯蓄に大切なのが、「心掛け」です。心掛けとは日常的な気持ちのあり方を指すものですが、そのうちの一つとして目標を持つことがあります。例えば英語の勉強などは、「来年の夏に海外へ一人旅に行きたい」「3月のテストで○○点を取りたい」といった目標があった方が続くもの。これと同様に、貯蓄でも目標を立てましょう。「10年後、自分の子どもと親も一緒に出掛けられるような、大型のワゴン車を買う」といった大きめの目標でもいいですし、「今年中に家のエアコンを新しくする」といった小さめの目標でも構いません。あるいは「60歳までにふたりの老後資金として2000万円貯める」という金額の目標を立ててもいいかもしれません。いずれにせよモチベーションを保つための目標を立てることが大事です。

もう一つが出費に対する考え方です。何かに対して出費をする前に、それが「消費」か「投資」のどちらなのかを考えましょう。「消費」は生活のための出費で、お金を生み出さないもの。「投資」は自分のスキルなどを上げるもの、将来的にお金を生み出すものです。「この出費は『投資』でも『必要な消費』でもなく『無駄な消費』ではないか?」という問い掛けが大切です。例えば清潔感を出すために仕事で着る服を買うのは「投資」ですが、無計画に欲しいと思ったブランドバッグを買い、結局使わないのは「無駄な消費」です。スーパーで毎日の食料品を買うのは「必要な消費」ですが、仕事後になんとなくコンビニに立ち寄り、ちょい買いをするのは「無駄な消費」です。このように日常の中でその出費が何に当たるのかを考えるよう心掛けましょう。

貯蓄をする方法2.テクニック編

お金の流れを管理するテクニックも大切です。まずは、ベーシックに家計簿をつけることから始めてみましょう。とはいえ、レシートを取っておいて事細かに管理するのは負担という人も多いはず。家計簿をつけることは、あくまで「家計の棚卸」をするということです。いきなりすべてを管理しようとしなくていいので、年間を通して生活費・住宅費・ローン・保険料などに合計どのくらい費やしているのか把握することを目標としましょう。そこから、何が必要で何が無駄なのかを見極めていくとよいでしょう。

もう一つ、口座を分けるテクニックもあります。お金が貯まらない人は、給与から生活費と固定費を引いた分を貯蓄に回しがちですが、口座にお金があるとついつい使ってしまうのが人間というもの。そこで大切なのが、給与から貯蓄分のお金を先取り貯蓄することです。この貯蓄分と固定費にかかるお金はそれぞれ別の口座に入れます。そして残りを生活費に回すことで、貯蓄分に手を付けにくくなります。また共働きの場合は、夫の口座に入っているお金だけですべてのやりくりをし、妻が稼ぐお金はすべて貯蓄に回すといった使い分けでもいいでしょう。夫婦で協力しながらお金の流れを管理することが大事です。

貯蓄をする方法

番外編として、貯蓄を投資に回すテクニックもあります。例えばつみたてNISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)でコツコツと投資をするのもおすすめです。つみたてNISAやiDeCoで取り扱うのは、プロにお金を預けてプロが運用をする投資信託という商品なので、初心者でも簡単に投資をすることができます。加えて、運用して出た利益に税金がかからないといった面でもとてもお得な制度です。ただ貯蓄を眠らせておくよりも、投資で増やすことを考えるのも一つです。

貯蓄をする方法3.見直し編

最後の方法は「家計の見直し」です。家計の中で住居費や保険、通信費などの固定費は多くの割合を占めています。稼ぎに対して住居費として支払っている金額が適正でなければ引っ越しをする。保険は必要のない保障で高い保険料を支払っていたり、無駄なオプションが付いていたら見直しをする。通信費では安いプランに変える、格安携帯電話会社に乗り換えるなど。固定費を見直すことで、貯蓄に回す金額を増やすことの一助になります。

以上、3つに分けて貯蓄する方法をご紹介しました。お金がないことで不安な将来を過ごすことのないように、今すぐに実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

もっと見る

おすすめのマネーセミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら