12:00~20:00(平日) 11:00~19:00(土日祝) 0120-0941-25

マネープランニング

MONEY PLANNING

貯まったお金をどうしよう?資産運用について解説

貯まったお金をどうしよう?資産運用について解説

結婚したばかりのふたりの生活には、これからさまざまな種類のお金がかかります。住宅費や、将来子どもができた時のための養育費や教育費、もしもの時のためのお金など、挙げていけば切りがありません。しかし、そのためのお金を銀行口座で眠らせているだけなのはもったいないです。これからのふたりの将来に必要なお金がきちんと準備できるようにするために、「資産運用」も一つの方法です。「資産運用」と言うとデイトレードなどハイリスクな印象をお持ちの人もいるかもしれません。しかし、実際は資産運用にもいろいろな種類があります。預け先をちょっと変えるという工夫をするだけでも立派な「資産運用」になるのです。

貯蓄の目的を分けよう

資産運用の基本は、貯畜を3つの用途に分けることです。まず一つが、ここ10年以内に出ていくお金の「ライフイベント資金」です。例えば引っ越しのための費用や、住宅購入のための費用、あるいは子どもの教育費などが挙げられます。もう一つが、事故や病気になった等、もしもの時のためにとっておく「予備資金」です。最後が貯畜からそれらを差し引いた「ゆとり資金」で、これは定年後の生活資金などに充てることを目的とします。

「ライフイベント資金」は定期口座を最大限利用

「ライフイベント資金」は一定期間後に使うことが決まっているお金です。子どもの入学費用、車の購入資金、住宅購入の頭金などがこれに当たります。
例えば、3年後に使うことが決まっているなら、使うまでの3年間は1円でも多く増やしたいところです。ただし、必要な金額が決まっているので、投資商品などを利用して、ちょうど3年後に値下がりをしてしまい、元本割れといったことになると、お金が足りなくなってしまいます。というわけで、お金を殖やすにしても、安全確実な銀行の定期預金などに預け入れるのが基本です。その例が下の表です。

5年以内に使うことが決まっているお金の預け先例

商品名 取扱機関 主な特徴
スーパー
定期
銀行(メガバンクなど) 銀行の定期預金。1カ月、3カ月、6カ月、1年など預入期間は自由に選べる。メガバンク等の場合金利はおおよそ0.01%となっている。
定額貯金 ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行を代表する定期預金の一種。金利や預入期間などの基本は銀行の定期預金と変わらないが、6カ月たてばいつでも引き出しができる点が、急な出費に対応できて便利。10年満期なのも特徴だ。
ネット定期 ネット銀行 ネット銀行の定期預金。預入期間は自由に選べ、金利はメガバンクなどよりも若干高くなっている。より多くのリターンを得たいのならばこちらがオススメ。
一般財形 銀行、信用金庫、労働金庫など 財形制度を行っている企業に勤める勤労者を対象にした給与天引きによる積立貯畜。普通預金金利よりも利率が高く、7年ごとに褒美金を受けられる点もうれしい。
個人向け国債 証券会社、銀行など 個人投資家しか購入できない国債のひとつで、10年変動金利、3年、5年固定金利の3種類がある。1万円と少額から投資が可能で手軽に購入できる。途中解約も可能。

銀行のスーパー定期は金利が低いですが、安全確実でさらに預入期間を自由に選ぶことができます。例えばメガバンクであれば1カ月から10年の間で自由に期間を選べます。住宅資金などをただ預金口座に貯めておくだけではもったいないので、このような定期預金口座に預けておくことで、ある程度のリターンを得ることができます。ただし、マイナス金利の今は、金利が0.01%とほぼ利息はゼロという状態です。
ネット銀行の定期預金を使うのも一つの手です。こちらは普通の銀行より若干金利が高くなっています。会社に財形制度があるなら一般財形、1年たてば解約できる個人向け国債なども候補でしょう。
このように、「ライフイベント資金」はしばらくの間使わないお金なので、使う機会があるまでは安全確実な定期預金に預けるなどして少しでも良いのでリターンを狙うことが賢い選択です。

「予備資金」は別のお財布で管理しましょう

次に説明するのは「予備資金」です。病気やケガ、災害対応用の緊急資金、結婚式のご祝儀やお葬式の香典などがこれに当てはまります。
「予備資金」は急な出費のときに使うお金なので、生活資金が入っている給与振込口座とは分けて管理することが大切です。あらかじめ別の口座を用意して、そちらに積み立てて預金していくことで、もしもの時に急場をしのぐために引き出すことができます。
なお、事故や病気に対しては保険でも補うことができるので、自分たちの保険加入状況を確認しましょう。保険に対して充実した資金を充てているのであれば、予備資金にそれほど大きな金額を割く必要はありません。予備資金に関しては、そのような備えとの兼ね合いも重要になります。

「ゆとり資金」は分散投資でリスクを避けつつ運用を!

最後が「ゆとり資金」です。これは今すぐ使う予定のないお金で、例えば定年後の生活費として使うといったイメージのお金です。このお金は前者と違い、急に必要となることのない資金です。そのためただ銀行に預けておくだけではもったいないので、積極的に運用して少しでも増やしておく姿勢が大切になります。そこで重要になるのが、「金利サイクルとの兼ね合い」、「リスク分散の姿勢」、「運用手数料のバランス」の3点です。

1.金利サイクルとの兼ね合い

現在は非常に金利が低い状態です。そのため、現在の金利のまま固定される商品に預けると、長期に低い金利のままになってしまいます。されてしまうことになります。そのため、銀行の定期預金やネット定期に預けるのでも、1カ月定期や長くとも1年定期などを利用するのがいいでしょう。逆に金利が高い時期の場合は、なるべく高い金利を長期に維持することが肝要。3年定期、5年定期、あるいは10年定期に預けてもいいでしょう。

金利サイクルに応じた金融商品の選び方

金利局面 商品を選ぶポイント 選択するべき商品
金利
ボトム時
今後、金利が上がることに期待して、金利が変動するタイプの商品を選択 変動金利商品、1カ月定期など短期商品
金利
上昇時
さらなる金利上昇の波に乗れるように、金利が変動するタイプの商品を選択 変動金利商品、1カ月定期など短期商品
金利
ピーク時
ピーク時の高い金利のまま運用したいので、契約時の金利が維持される商品を選択 固定金利商品、10年定期など長期商品
金利
低下時
金利低下の影響をなるべく受けないように、契約時の金利が維持される商品を選択 固定金利商品、3年定期など中期商品

2.リスク分散の姿勢

運用の際には、国内だけに偏らない、株式だけに偏らない、など分散投資してリスクを軽減させることが大切になります。下図のように4つの投資対象に分散するのが基本といわれています。

値動きの異なる4つの投資対象

値動きの異なる4つの投資対象

3.運用手数料のバランス

数年以上にわたる長期の運用では、わずかな手数料の差が将来の資産に大きく響きます。そのため投資商品を選ぶ際は、運用実績だけでなく運用手数料も必ず確認し、両者のバランスを吟味することが重要となります。

また、実際に投資を始める際は、運用で得た利益に対して非課税になる『NISA(少額投資非課税制度)』や『つみたてNISA』、自分年金を作る『iDeCo(個人型確定拠出年金)』、保険での運用がおすすめです。 生命保険、介護医療保険、個人年金保険に加入したら、生命保険料控除という所得控除を受けることができます。

関連記事

もっと見る

セミナー情報

プロのファイナンシャルプランナーから、新婚ならではの「お金の考え方」を無料で学べるセミナーです。

新婚夫婦のための新生活 マネーセミナー

詳しくはこちら