フリーダイヤル 0120-0941-25 12:00~18:00(平日) 11:00~17:00(土日祝)
無料相談予約をする

そこが知りたい!新婚カップルの貯蓄事情

そこが知りたい!新婚カップルの貯蓄事情

更新日:2020/10/22

将来のためにしっかり備えておきたいなら

ライフプランの相談予約をする

オンライン相談OK!家計プラン表プレゼント

新生活がスタートしたら、ぜひおふたりの夢を叶えるための貯蓄も始めたいもの。そこで気になるのが、他のカップルの貯蓄ではないでしょうか。「月々どのくらい貯蓄しているの?」「どんな目的で貯めているの?」など、気になる貯蓄事情をチェックしていきましょう。
※記事内の数値は「 新婚生活実態調査2018 (リクルートブライダル総研調べ)」によるものです。

結婚を機に貯蓄を始める人が55%!

結婚を機に貯蓄を始める人が55%!

「結婚を機に貯蓄を始めた」という人は実に7割以上。半分以上の人が、結婚したことをきっかけにして、しっかり貯蓄を始めていることがわかります。

また貯蓄を始めた目的は、
「将来への備えとして」:51.4%
「出産・育児のため」:36.5%、
「住宅購入資金として」:27.1%
で続いています。先々の出費に向けて貯蓄をスタートするしっかり者のカップルが多いようですね。出産やマイホームの購入など具体的な目的がなくても、この先何が起きても大丈夫なように、早めに貯蓄を始めようという、意識の高さを感じることができる結果です。

5組に1組のカップルが年間100万円以上貯蓄!

5組に1組のカップルが年間100万円以上貯蓄!

それでは次に、貯蓄している金額を見てみましょう。

~1万円未満 1.9%
1万~2万円未満 16.6%
2万~3万円未満 15.8%
3万~4万円未満 13.7%
4万~5万円未満 3.9%
5万~6万円未満 18.1%
6万~7万円未満 3.5%
7万~8万円未満 2.3%
8万~9万円未満 3.7%
9万~10万円未満 0.3%
10万~15万円未満 14.4%
15万~20万円未満 3.5%
20万円以上 2.3%

まず月々を見ると、
「5~6万円未満」で18.1 %
「1~2万円未満」が16.6%
「10~15万円未満」が14.4%という結果に。
実に5組に1組のカップルが1年間に100万円を超える貯蓄をしているという結果です。

全体として堅実なカップルが多いことがうかがえる結果ですが、貯蓄に無理は禁物。収入によっても貯蓄可能額は変わるので、周囲の貯蓄額ばかりを気にして無理な節約をすると、ストレスが溜まって夫婦の関係に悪影響を及ぼすこともあります。

他のカップルがいくら貯めているのかは確かに気になりますが、あくまで参考程度にして、自分たちが貯められる現実的な貯蓄額を見極めることが大切です。貯蓄は早く、そして長く続けることが大切ですから、自分たちに合った無理のない貯金プランを立てて実行してくださいね。

貯蓄はできるだけしたいものだけど、生活費を圧迫するのは元も子もありません。ゼクシィ保険ショップでは、おふたりの理想の家計プラン表を作成して、おふたりの収入にあった、無理なく貯められる金額のアドバイスしております!

※掲載の情報は2020年9月現在のものです。保険や税制、各種制度に関して将来改正・変更される場合もあります。手続き・届け出の方法も随時変わる可能性や、自治体により異なる場合があります。

■監修・文/酒井 富士子

経済ジャーナリスト/金融メディア専門の編集プロダクション・株式会社回遊舎 代表取締役。
日経ホーム出版社(現日経BP社)にて『日経ウーマン』『日経マネー』副編集長を歴任。
リクルートの『赤すぐ』副編集長を経て、2003年から現職。「お金のことを誰よりもわかりやすく発信」をモットーに、暮らしに役立つ最新情報を解説する。

RT-00377-2010

おすすめのマネーセミナー情報

今知っておきたい「これからのお金」について無料で学べる!

おすすめのマネーセミナー情報

今知っておきたい「これからのお金」について
無料で学べる!

× 「夫婦のお金を考えてみる本」応募者全員プレゼント!今すぐ申し込む 「夫婦のお金を考えてみる本」応募者全員プレゼント!今すぐ申し込む